大学サッカーのすゝめ インカレ×高校選手権特別編 三國スティビアエブス(順天堂大学) | サカママ メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ インカレ×高校選手権特別編 三國スティビアエブス(順天堂大学)

高校3年生にとって最後の大会となる「全国高校サッカー選手権大会」。第97回大会となる今回は、12月30日(日)に駒沢陸上競技場で開幕する。
そして、大学生にとって「全国高校サッカー選手権大会」と同様に最後という位置付けとなる大会が存在する。
12月12日(水)から開幕する「全日本大学サッカー選手権大会」(通称:インカレ)だ。
そこで、開幕を目前に控えたインカレに出場する、順天堂大学蹴球部の三國スティビアエブス(青森山田高校卒)に、なぜ大学サッカーを選んだのか、4年間の思いとインカレへの抱負、そして全国高校サッカー選手権に出場する母校へ熱いメッセージを語ってもらった。

三國スティビアエブス
MIKUNI Stevia Egbus
順天堂大学 スポーツ健康科学部 2年/FW・DF
所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部
出身校:青森山田高校
プレーの特徴:高さと強さを武器にするFW。DFもこなせるオールマイティープレイヤー。

文武両道が実践できる場が順大にはある

自分自身のサッカーに対する理解を向上させるためにも、堀池監督の下でプレーをして学び、成長したかったので、順大への進学を選択しました。実際に入学してみると、「テストで平均80点以下をとらない」という蹴球部内のルールがあるように、勉強もサッカーも両方頑張れる環境が揃っていました。
サッカー以外の知識も大学の講義を通して学べるので、一般教養をしっかりと身に付け、今後の人生に生かせることが、順大の魅力です。

頭を使わないと戦えない大学サッカー

大学サッカーを経験した時、高校サッカーとは球際が激しさが全然違うと感じました。さらに、フィジカルコンタクトだけでなく、常に頭を使いながらのプレーが必要となりました。
大学に入ってから、より、ポジショニングの重要性やボールの持ち出し方を学んだり考えたりする機会が多くなりましたね。

高校サッカープレイヤーにメッセージ

たくさんの試合を観てサッカーへの理解度を高めると、監督やコーチ、仲間のアドバイスや指摘がすぐ頭に入ってくるようになります。
なので、高校生のプレーヤーのみなさんには、多くの試合を観てほしいですね。

選手権に出場する後輩へ

今の3年生は、青森山田中学から入学している子は6年間、高校から入学してきた子は3年間という期間親元から離れ、その間に苦しい時や悲しい時、楽しい時など様々な時期があったと思います。最後の集大成としてそのすべてをぶつけ、各々ベストの力を出し切ってください。また1年生、2年生のみんなは遠慮してプレーするのではなく、貪欲に勝ちにこだわって1試合1試合戦ってください。
自分もインカレでは、どのポジションで出場しても自分にやれる事に全力で取り組み、チームの勝利に貢献します。応援してください!

順天堂大学蹴球部の「全日本大学サッカー選手権大会」初戦は12月12日(水)shonan BMW スタジアム平塚にて四国学院大学と13:30キックオフで行われる。
これから大学サッカーを目指す人も、サッカー選手になりたい子も、是非現地に足を運んで大学サッカー最高峰の大会を観戦しよう!
大会の詳細はコチラから