クラブチーム監督、教えてください!!中学サッカーでの子どもとの向き合い方 -前編- | サカママ メインコンテンツに移動
 

クラブチーム監督、教えてください!!中学サッカーでの子どもとの向き合い方 -前編-

秋は中学(ジュニアユース)サッカークラブのセレクションが本格化する季節。小学校卒業後、クラブチームや部活動でサッカーを続ける子どもたちも多いですよね。そこで、中学というステージで、親としてできることは何なのか?ジュニアユースのクラブチーム監督にお聞きしました。中学年代はまだまだ先と思っているサカママも、サポートに役立つ話が満載なので参考になりますよ!

高山有史監督(府ロクジュニアユース/東京都)

中学年代のお子さんとの向き合い方について大事なことは一つであると考えます。それは「選手(子ども)を尊重すること」です。「Players First」という言葉にも置き換えることもできます。練習や試合を見ていて、「なんでそんなことができないんだ!」と思うことがあるかもしれません。しかし、そこで保護者が口を出すことはよい判断とは言えません。コートの中は選手のものであり、プレーするのは選手たちです。良いときも悪いときも応援してあげることが何より大切です。子どもたちは私たちが想像もしない「可能性」を持っています。子どもたちを周りの大人が信じて、向き合っていくことが大事であると考えています。

内野義識監督(ヴェルメリオ/東京都)

自立した人間に育てることがとても大切だと考えています。そのために、多くの会話をすることが大事です。保護者が指導者の観点でサッカーの中身まで話すことはネガティブな影響が出てしまいがちです。しかし、日々の生活における会話の中で、子どもの質問に「微妙」や「別に」のような言葉で返すことはせず、しっかりと「言葉のキャッチボール」ができるよう、会話をたくさんしてほしいと思います。最近の子どもの多くは、他人に自分の行動を認めてもらいたいという欲求が強いように感じます。保護者は、そんな子どもの考えを一度は受け入れながら、各家庭の中でブレない基準を作り、しっかりと本人に示して接していくことが重要なのだと思います。

村松明人監督(FC LAVIDA/埼玉県)

中学年代は、大人に成長する過程で最も大事な時期だと思います。私はサッカーは判断力が一番大切であると思っています。生活の一部にサッカーがあるのだとすれば、普段の生活から自立心を養うことは非常に重要です。親御さんには日頃の生活から自立を促すようサポートしてもらいたいと思っています。

藤居佳祐監督(FC Fujisawa/神奈川県)

親のサポートとして大事なことは食事だと思います。中学年代は成長期なので、この時期にどれだけ量も質も蓄えられるかで高校年代が決まると言っても過言ではありません。食事はバランス良く作っていただけだらと思います。あとは選手、子どもたちがいかに自主性を持って行動できるように育成していくか。この部分において保護者の方も指導者側と考え方は基本的に同じだと思います。自主性を促すには、自分自身で考えさせたり、自分で行動する機会を増やすことが重要です。ご両親はサポート役に徹し、子どもだけでは手に負えなくなった時だけ手を差し伸べていただければよいと思います。

★後編はコチラ
★監督たちの、さらに詳しいアドバイスやメッセージはコチラ

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら