ロシアW杯グループステージの見どころ⑤【グループE】 | サカママ メインコンテンツに移動
グループEの見どころ

ロシアW杯グループステージの見どころ⑤【グループE】

W杯は出場32カ国が4チームずつ、全8グループにわかれリーグ戦を行います。グループステージでは、各グループで総当たり戦を行い、上位2チームが決勝トーナメントへ進出!本日はグループEの見どころやイチオシの試合をご紹介します!

★マークを付けた、編集部オススメの対戦カードは必見!

グループE
※FIFAランキングは2018年3月15日現在

ネイマールとコウチーニョ ブラジルの速い攻撃は見もの

ブラジル

ブラジルは、一昨年6月、チッチ監督に替わって以降、12試合で10勝2分無敗、30得点をあげるなど圧倒的な強さをみせるため、予選を突破するのは確実でしょう。 その中で注目してほしいのは、絶対的エースのネイマールだけでなく、今年リーガ(スペインのプロサッカーリーグ)史上最高となる1億6000万ユーロ(約218億円)で、バルセロナに移籍したコウチーニョ。ネイマールとコウチーニョが、両サイドから速いスピードで相手をかわし、ドリブルで攻めていくプレーは、親子で釘づけになるはずです。

ブラジル
ブラジルのスタメンはほぼ固定。フィリペ・コウチーニョ(上)が右から速いドリブルで崩していく。

写真/Getty Images