教えて!カントク!守口フットボールクラブ(大阪府)荒島敏監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!守口フットボールクラブ(大阪府)荒島敏監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

 

守口フットボールクラブ
(大阪府)
荒島敏監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

5年生の冬頃でしょうか。理由は、自分が成長できるチームをじっくり探す必要があるためです。
結果や評判だけで判断するのではなく、実際にグラウンドまで足を運び、試合や練習の見学、体験に参加するなどしていただき、本当にそのチームで自分が成長できる場所なのか(サッカー面だけでなくピッチ外の振る舞いなど含めて)判断する必要があると思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

指導内容、新たな仲間との出会い、他地域との交流、ピッチの充実、試合数の多さ、自分に合ったレベルの選択ができることなどがあげられると思います。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

食事で栄養のサポートをすることが大切だと思います。そして、本人の意思を尊重し、見守ることが大事です。子どもが間違った考えや行動を起こしている場合は、助言して気づかせてあげられるといいですね。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

できます。どのチームも基本的に平日は週3回で1回の練習は2時間程度です。それ以外の時間をどう使うかは自分次第ではないでしょうか。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

オンザピッチ、オフザピッチ両面で考え方の基盤を作る手助けをすることです。
オンザピッチでは各状況においてどういったプレーが適切なのか、なぜそのプレーが適切なのか、どのようにプレーを実行するのかといったところを選手本人が考えて実行できるようになっていくことが大切だと考えています。
そしてオフザピッチでは、社会に出た時に活躍できる人になるため、また、チームを成功へと近づくためにはどのようなことが必要なのかということに選手が気づくよう働きかけています。やらされるのではなく「なぜ」を理解し、主体的に行動できるようになっていくことが大切ではないでしょうか。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから