教えて!カントク!CLUB ATLETICO SHINJUKU I.P.D.(東京都)小谷野徹監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!CLUB ATLETICO SHINJUKU I.P.D.(東京都)小谷野徹監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

小谷野徹監督

CLUB ATLETICO SHINJUKU I.P.D.
(東京都)
小谷野徹監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

小学校5年生頃からがいいと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

クラブチームは色々な地域からチームの趣旨・志に賛同した選手が集まる団体です。それに対して、中学の部活動はその学校に在籍している生徒から構成される団体かと思います。
クラブチームの良さに関しては、以下の3点があげられると思います。
①専門知識を有し、日本サッカー協会の指導者資格を取得した指導者が現場を指導することが多い。
③長い期間行われるリーグ戦やトーナメント戦など、公式戦が多数ある。

CLUB ATLETICO SHINJUKU I.P.D.

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

保護者のサポートについては、小学生年代とは違い自分の事は自分で行うように導いて頂ければと思います。その中で、どうしても保護者のサポートが必要な場面では積極的に関わって頂ければと思います。
向き合い方については、多感な時期でもあるので「近つき過ぎず離れ過ぎず」が良いと思います。過干渉では自立を促すことは出来ませんし、無関心では頑張っている事への評価やコメントを保護者から得られず、モチベーションの低下や悩んでいる時の相談が出来ないので、行き詰まってしまうと思います。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

出来ると思います。一日中サッカーの活動をしている訳ではありませんし、しっかりと時間を決めて日々を過ごせば可能です。個人個人が「何のために勉強をしなければならないのか」というのが自分の中で認識出来ていれば、空き時間や移動時間で勉強は十分出来ると思います。勿論、普段学校での授業をしっかり受ける事が最も大事です。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

先ず、サッカーが出来ることは両親の支えがあってこそなので感謝の心を常に持ち続ける事。そして、レベルに関係なく100%全力で活動に取り組む事。この2点が最も大切だと考えています。
プレーの面では、この時期は心身共に急成長するのでそれに伴いサッカーのあらゆる面でも伸び盛りです。そんな中で大切な事は、「状況をしっかりと認知して最適な判断を素早く出来るようになること」だと考えます。
例えば、監督から要求されている戦術の実践、天候やグラウンド状態、相手との力関係、自分達と相手とのフォーメーションのかみ合わせ、リーグ戦とトーナメント戦での試合の進め方、点差や残り時間など、求められることが様々で刻一刻と変化します。その中で試合に求められるプレーを察知し素早く実践出来る習慣を身に付けることがこの年代では大切かと思います。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから