メインコンテンツに移動

教えて!カントク!SCHフットボールクラブ(神奈川県)中野泰延監督

東京、神奈川、千葉、埼玉のリーグに所属する強豪チームの監督から、「中学サッカー進路」についてサカママたちへのメッセージをご紹介!ただ強さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、各々の熱い思いに耳を傾けてみてください。

SCHフットボールクラブ(神奈川県)

中野泰延 監督(監督歴:31年目)

中学年代のサッカー進路はいつ頃から考えるべきでしょうか?

小学5・6年生くらいからでしょうか。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょうか?

ジュニアユース年代は、優秀な選手がクラブチーム(J下部組織も含み)に進むことが多いため(特に関東地域は)、レベルの高い試合が経験できるのが、メリットと言えるのではないでしょうか。また、専門知識を持った指導者が、職業としてクラブに携わっている場合が多く、しっかりとした指導が受けられるのもメリットだと考えます。練習時間(平日は夕方から夜間に練習)と、かかる費用(各クラブにより多少の違いはあると思いますが、部活動と比べるととてもお金がかかると思います)は、デメリットと言えると思います。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

『自立・自律⇒主体性』を養うことが重要だと考えます。
これは、オフ・ザ・ピッチでもオン・ザ・ピッチでもとても重要です。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

十分可能だと思います。それも『主体性』が関わってくることだと思います。自分で自分のスケジュールをコディネートできる主体性があれば、何でも可能だと思います。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

フットボールに関しては、選手本人が聞いてこなければ、基本的にクラブ・部活に任せるべきでしょう。勉強や私生活(礼儀・挨拶等)に関しては、積極的に関わるべきだと思います。なかなか親の言うことを聞かなくなる年頃ですが、そこは厳しく接して躾ける必要があると思います。今は、学校やクラブへそういう部分も教育してほしいというご家庭も多いと思いますが、躾は基本的に家庭でするもの考えます。もちろん、クラブとしても関わるのですが、ベースにご家庭のしつけが無ければならないと思っています。

また、思春期の子どもたちは、特に中2の夏

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチームの皆さまへご連絡お待ちしています!

『中学サッカー進路ナビ』は、2018 年春に実施したアンケート、および各チームへの取材をもとに、8 月を締切とし作成されたものです。そのため制作期間中に取材・アンケートが適わず、本書にて紹介しきれなかったクラブチームもあります。サカママ編集部では、シリーズでの刊行を目指し、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。同書をご覧いただき、掲載を希望されるチームの方々は、お気軽に当編集部までお問い合わせください。

●サカママ編集部

info@soccermama.jp

電話 03-6721-5715

『中学サッカー進路ナビ』

東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県を対象に収録!

サカママ編集部からサッカー業界初の“進路案内”が登場!

定価:本体1,200円+税

発売日: 2018/10/1

ISBN: 978-4905349426