教えて!カントク!バディージュニアユース(神奈川県)木村健太監督

教えて!カントク!バディージュニアユース(神奈川県)木村健太監督

東京、神奈川、千葉、埼玉のリーグに所属する強豪チームの監督から、「中学サッカー進路」についてサカママたちへのメッセージをご紹介!ただ強さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、各々の熱い思いに耳を傾けてみてください。

バディージュニアユース(神奈川県)

木村健太 監督(監督歴:14年目)

中学年代のサッカー進路はいつ頃から考えるべきでしょうか?

以前に比べ、Jクラブの下部組織のスカウトやセレクションが年々早まっているように感じます。それに伴いクラブチームのセレクションもいい選手を獲得しようと早まっているように思います。

少しでもレベルの高いチームになんとか入れれば…と親は考えがちですが、大切なことは、どのようなサッカーをしていて、どのようなクラブ方針、環境、スタッフで活動しているのか実際に足を運んで観たほうがいいと思います。クラブの雰囲気や特色もあり、お子さんのレベルや特徴もあると思います。それらを踏まえたうえで「このチームで頑張りたい、頑張らせたい」と親子ともに思えるチームに出会えるように4年生、5年生くらいから色々なクラブの試合や練習を見学したほうがよいかなと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょうか?

部活は練習時間や活動場所が決められているため、学校生活の一部として行えることはメリットだと思いますが、選手のモチベーションや指導者の質や人数の問題、先生の仕事量が多いなど、活動が限られてしまい、試合や遠征などの経験値が少ないかと感じます。

クラブチームでは月謝や練習場所までの交通費、遠征費など金銭的な負担はありますが、意識の高い向上心を持った選手が集まっている環境や専門知識を持ったスタッフで各学年担当コーチがいるため、サッカー面でも生活面でもサポートがしてもらえることは多いと思います。

また県内だけでなく県外へ練習試合や遠征など、さまざまなチームと試合を多く経験でき、何ができて、何ができないかを肌で感じ学ぶことはチーム、選手の今後の成長に大きく関わってくると思います。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

小学生時代に比べ、体格差が顕著に表れます。身体の小さな選手や足の遅い選手は自信を失いがちです。しかし体格差は学年が上がるにつれなくなってくものですから、サッカーに対する情熱を持ち続けることが重要です。今できることをサッカーだけでなく学校生活も含め、本気でどれだけ取り組むことができるかが大切なことだと思います。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

頭が悪いのではなく勉強の仕方がわからない子が多いのだと思います。
以前オール5をとっていた選手がいましたが、彼は塾にも通っていませんでした。

学校の授業を真剣に聞いて理解する、家に帰ったら少し休んでから復習を少しするだけと言っていました。またある選手はテスト休みを3年間全く取らなかった選手もいました。時間がいくらあっても勉強をしない子はしないし、時間を上手に使えるかが大切なのだと思います。両立はできると思います。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

思春期の子どもはわかっていても素直になれなかったり、感情を抑えきれなくなったり、精神的に不安定です。親が言っても逆効果なことが多いです。サッカーのコーチから言われたほうが効果的なことも多いです。

中学年代に限られたことではなく少年時代から少しずつ子どもとの距離感を持ち、干渉し過ぎず、子どもの自立を促すことが大切だと思います。今すぐに答えの出ない不安や悩みに押しつぶされそうで、一歩が踏み出せない時があります。そんな時、親子だけで悩まず、コーチにも相談し、子どもの気持ちを理解し、考えを尊重し、背中をそっと押してあげられる関係を皆で築いていくことが大切だと思います。


そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチームの皆さまへご連絡お待ちしています!

『中学サッカー進路ナビ』は、2018 年春に実施したアンケート、および各チームへの取材をもとに、8 月を締切とし作成されたものです。そのため制作期間中に取材・アンケートが適わず、本書にて紹介しきれなかったクラブチームもあります。サカママ編集部では、シリーズでの刊行を目指し、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。同書をご覧いただき、掲載を希望されるチームの方々は、お気軽に当編集部までお問い合わせください。

●サカママ編集部
info@soccermama.jp
電話 03-6721-5715

『中学サッカー進路ナビ』

東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県を対象に収録!
サカママ編集部からサッカー業界初の“進路案内”が登場!

定価:本体1,200円+税
発売日: 2018/10/1
ISBN: 978-4905349426

AND MOREあわせて読みたい

教えて!カントク!FC Consorte(東京都)大串祐一郎監督

教えて!カントク!FC Consorte(東京都)大串祐一郎監督

編集部

サッカー小僧の食卓から:よく登場するもの、そして消えていったもの…

サッカー小僧の食卓から:よく登場するもの、そして消えていったもの…

林 葉子

教えて!カントク!横浜FCジュニアユース(神奈川県)小野智吉監督

教えて!カントク!横浜FCジュニアユース(神奈川県)小野智吉監督

編集部

すぐできる!今の我が子にぴったりなチームカテゴリ診断

すぐできる!今の我が子にぴったりなチームカテゴリ診断

編集部

教えて!カントク!朝日ジュニアユースフットボールクラブ(埼玉県)込田清明監督

教えて!カントク!朝日ジュニアユースフットボールクラブ(埼玉県)込田清明監督

編集部

監督の評価が気になって思い切ってプレーできない時の声掛け方法

監督の評価が気になって思い切ってプレーできない時の声掛け方法

清水利生

教えたくなる選手になる

教えたくなる選手になる

野田恭平

【スペシャルインタビュー】田中明日菜×増矢理花「サッカーで“世界”は広がる!」-前編-

【スペシャルインタビュー】田中明日菜×増矢理花「サッカーで“世界”は広がる!」-前編-

編集部

PUMAが誇るニッポン代表【サッカーを仕事にするということ】

PUMAが誇るニッポン代表【サッカーを仕事にするということ】

編集部

世界トップ10を目指すエリート養成機関「JFAアカデミー」とは何か?

世界トップ10を目指すエリート養成機関「JFAアカデミー」とは何か?

編集部

指導者の言霊「山口隆文 JFA技術委員会 副委員長」

指導者の言霊「山口隆文 JFA技術委員会 副委員長」

編集部

縁の下からチームを救うマネージャー1年生【サッカーを仕事にするということ】

縁の下からチームを救うマネージャー1年生【サッカーを仕事にするということ】

編集部

RANKING人気記事ランキング

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

編集部

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.27 藤井智也選手(立命館大学)

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.27 藤井智也選手(立命館大学)

編集部

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.25 印藤虎太郎選手(桃山学院大学)

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.25 印藤虎太郎選手(桃山学院大学)

編集部

サッカーアイテムの選び方(高学年編) サッカーノート

サッカーアイテムの選び方(高学年編) サッカーノート

編集部

【「J」に迫る強豪街クラブの中学育成論】FC多摩ジュニアユース・平林清志監督(第2回)

【「J」に迫る強豪街クラブの中学育成論】FC多摩ジュニアユース・平林清志監督(第2回)

編集部

EVENTこれから開催するイベント

Jリーグのリーグ戦公式試合球「コネクト19」など豪華賞品が当たる!サカママ vol.29プレゼント

Jリーグのリーグ戦公式試合球「コネクト19」など豪華賞品が当たる!サカママ vol.29プレゼント

イベント

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

イベント