教えて!カントク!BOBBIT TOKYO FC ボビット東京フットボールクラブ(東京都)谷中治監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!BOBBIT TOKYO FC ボビット東京フットボールクラブ(東京都)谷中治監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

谷中 治監督

BOBBIT TOKYO FC 
ボビット東京フットボールクラブ

(東京都)
谷中治監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

具体的には6年生になってからでよいと思います。夏ごろまでに自宅から通える範囲のチームを探すのが良いでしょう。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

専門のコーチ、トレーナー、スタッフに指導を受けることで、個々の技術面の向上、能力アップがかなえられます。また、高校進学のバックアップも行います。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

小学生の時とは違い、子供の自立を促し、見守るスタンスが大切ではないでしょうか。また、サッカーについては、細かくアドバイスをするのではなく、とにかく試合で良かったところを褒めてあげるようにしていただくのが良いと思います。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

両立できます。クラブチームの活動に真剣に取り組むことで集中力が養われるので、学校の成績も比例して良くなる子供が多いですね。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

子供から大人へ成長をする最も大切な通過点です。それぞれの個性を尊重し、且つ、サッカー(団体活動)を通じて、社会性、判断力が身に付くよう、言葉を交わすコミュニケーションが大切だと思います。

JACPA BOBBIT TOKYO FC

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから