指導者の言霊「池田伸康 浦和レッズ 強化部 育成 ユース(U-18)コーチ」

指導者の言霊「池田伸康 浦和レッズ 強化部 育成 ユース(U-18)コーチ」

選手にあった指導はしない 子どもたち自身に考えさせる

選手たちは、活発な子もいれば、大人しい子もいますが、僕はその子に合った指導をほとんどしません。僕は、みんなに平等に伝え、その中で子どもたち自身に考えさせる指導をモットーにしています。ただ、指導者として、時には助け船を出さなければならない時もあります。そのために、常に子どもたちの表情や態度を観察して見極める。見抜くことこそが、指導者としての力量だと考えています。

アドバイスすることは簡単です。一方で多くを言わずに気づかせるというのはすごく難しい。でも、だからこそ、自分自身で気がついたとき、それは彼らにとって、大人になってからも生きる大きな財産になるのです。

僕は肩書きこそコーチですが、コーチにはなりたくありません。一般的にコーチと指導者を一括りにしがちですが、コーチとはサッカーを教える人、指導者とは文字が示すとおり、サッカーを通じて人間性を伝えていく人だと考えています。僕は自分自身を後者だと思っています。これまで指導者として、自分自身も勉強しなければならないことがたくさんありました。過去には躓きそうになったこともあります。純粋にサッカーについての引き出しを多く持とうと考えた時期もありました。でも、ある人に、「お前の色はなんだ?」「他の人と同じことを身に着けようとしてどうするんだ?」と言われ、考えた時に、自分の色を出そう、持とうと考えたのです。

自分の強みは、子どもたちに対しても真正面からぶつかることです。だから、小学生であれ、中学生であれ、一緒になってめちゃくちゃ遊ぶ時は遊びます。時には好きな子の話もしますし、プロレスもします。でも、一度、グラウンドに入れば、鬼のような指導をさせてもらっています。

僕は、怒る時は怒ります。たとえ、その子がその日、プレーできなくなったとしても。必要以上に怒るようなことはしませんが、僕の素直な気持ちをぶつけます。そこで言葉を選んでしまうと、自分の強みであったり、特長を消してしまうことになる。だから、素直に思いをぶつけます。言葉にすると、簡単に聞こえてしまうかもしれませんが、そこには、僕とその子との間に、それまでのストーリーがあり、絆が築けているからこそ、できることでもある。そして、それこそが指導者としての自分の色だとも思っています。

指導者として自分の色を大切にする子どもたちも色を大事にしてほしい

だから、指導する上でも、その子が持っている色を大切にしてほしいと考えています。例えば、ドリブルがうまい選手であれば、そこだけはなくさないように、しっかりとシールのように貼り、僕はそこにいろいろな模様をつけていく。その選手の魅力が技術ではなく、人間性だとすれば、そこを磨いてあげたい。僕自身も指導において自分の色を大事にしているように、選手たちにも一人ひとりが持つ色を大切にしてほしい。指導者が選手たちを一つの色で染めてしまうのは簡単。ですが、僕はともに過ごす時間で、その子の色であり、強みを伝え、教えていきたいんです。

また、「信じる」という言葉も大切にしています。例えば、今は力が足りないけれど、すごくいい目をしているし、チームのためにやってくれる。その時は、僕は迷わず、その選手を信じて起用します。信じることで、その子は結果を出そうとしてくれる。子どもたちにも信じている、信じられるという言葉はすごく重い言葉だと伝えています。自由ほど責任を問われることはなく、しっかり行動しなければ、信じてくれた人を裏切ることになりますからね。

だから、僕は常日頃から、選手たちを信じて、集合時間やミーティングをする時間も彼らに考えさせています。ジュニア世代を指導していたときも、試みていましたが、それができる土台があるかどうかは、ここでも指導者として見抜く、見極める力が必要になってきます。大人に言われたことしかできない子どもが増えている中で、子どもたちには自発的に考える力を養ってもらいたい。それが自分の指導者としての色でもあります。

※この記事は2015年1月5日に掲載しものです。

AND MOREあわせて読みたい

宮本恒靖&INAC神戸選手 スペシャルトークショー「夢を叶えるためにジュニア時代に学んだこと」

宮本恒靖&INAC神戸選手 スペシャルトークショー「夢を叶えるためにジュニア時代に学んだこと」

編集部

プレーヤーを支える形でスポーツに関わる【サッカーを仕事にするということ】

プレーヤーを支える形でスポーツに関わる【サッカーを仕事にするということ】

編集部

膝のスポーツ障害(オスグッド病)について学びましょう

膝のスポーツ障害(オスグッド病)について学びましょう

村田一恵

その「子どものため」の一言が成長の機会を奪っていませんか?

その「子どものため」の一言が成長の機会を奪っていませんか?

桐原 圭子

EAPを知りましょう③

EAPを知りましょう③

村田一恵

寒い日の練習や試合で気を付けたいこと(低体温症)

寒い日の練習や試合で気を付けたいこと(低体温症)

村田一恵

ロシアW杯グループステージの見どころ④【グループD】

ロシアW杯グループステージの見どころ④【グループD】

編集部

サカママをもっと楽しむための5つの秘訣②「今が一番楽しい」という気持ちで見守る!

サカママをもっと楽しむための5つの秘訣②「今が一番楽しい」という気持ちで見守る!

編集部

試合でうまくいかず落ち込んでいるときの声掛け方法

試合でうまくいかず落ち込んでいるときの声掛け方法

清水利生

岡崎慎司選手も実践!片脚立ちでバランス力を養うトレーニング3

岡崎慎司選手も実践!片脚立ちでバランス力を養うトレーニング3

編集部

親子で一緒に学べる!プチトレ「シュート前編」

親子で一緒に学べる!プチトレ「シュート前編」

編集部

サカママ ワールドカップ特派員 FINAL

サカママ ワールドカップ特派員 FINAL

サカママ特派員

RANKING人気記事ランキング

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。 <br>畑本時央【前編】

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。
畑本時央【前編】

編集部

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

編集部

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

編集部

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

編集部

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

編集部

EVENTこれから開催するイベント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

イベント

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】<br>サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】
サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

イベント

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

イベント