教えて!カントク!FCグラシア相模原(神奈川県)佐藤誠一監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!FCグラシア相模原(神奈川県)佐藤誠一監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

佐藤誠一監督

FCグラシア相模原
(神奈川県)
佐藤誠一監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

個人差はあると思いますが、6年生になってからでいいと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

専門のスタッフに見てもらえること、学校以外の仲間と交流できること、また、季節に関係なく練習時間が確保されていることでしょうか。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

中学年代は精神的に不安定な時期だと思います。なので、具体的に何かをすると言うよりは、いつも様子を見てあげて見守りの姿勢をみせることが大切ではないでしょうか。いつもと様子が違うようであれば声を掛けてあげたり、うちのクラブであればクラブスタッフに相談してくださいと言っています。親を避けたい年代でもありますので、保護者だけで抱え込むのではなく、第三者の大人も関わってあげた方がいいかもしれませんね。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

両立は出来ると思います。そのためには、時間の管理、計画が出来るようになることが重要ではないでしょうか。選手達には目標、目的に対して今何をすべきかを逆算して考えるよう伝えています。学業も一緒で、テスト時期から逆算して勉強する計画を立て、実行できるかが大切ですよね。これはクラブでも部活でも同じことだと思います。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

ジュニア年代でもそうですが、教え過ぎず、自分で考えさせることが大切だと思います。サッカーは相手の逆をとったりして、ゴールを奪うスポーツです。選手たちが考え試行錯誤し、研究することで技術や感覚が本当に自分のものになります。教えてもらったものだけを頼りにしていると、それが破られたときに何も出来なくなってしまうこともあります。考える習慣がついていれば、行き詰まっても打開できるのではないでしょうか。

FCグラシア相模原

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから