教えて!カントク!F.C. フトゥーラス エストレージャス(千葉県)青野多穂監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!F.C. フトゥーラス エストレージャス(千葉県)青野多穂監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

青野多穂監督

F.C. フトゥーラス エストレージャス
(千葉県)
青野多穂監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

4~5年生頃からが良いと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

競技面では、専門的な指導を受けることができたり、指導法や求めるサッカーに強い拘りがあることでしょうか。その反面、クラブチームは多種多様ですから、自分に合ったチームを見つけることが大切かと思います。
その他の面では、家庭、学校に加えて新しいコミュニティを持つことができるのもクラブチームの良さですね。広い範囲に友人が出来ますし、学校で上手くいかないことがあった時には、クラブで活動することが精神的に助けになることもあるかと思います。

F.C. フトゥーラス エストレージャス

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

サッカー面ではとにかく細かいことや小言は言わず、常にお子さんのサポーターであってほしいと思います。何でも真剣に取り組んでいれば、落ち込んだり上手くいかなかったりします。そして、悩むこともあるし、辞めたくなることもあります。そういった時にサポーターとして応援してあげる存在がいれば、壁を乗り越えられるのではないでしょうか。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

当クラブでは両立は義務としています。学期毎には通知表のコピーを回収をしているのですが、それも選手に勉強の意識を持って欲しいとの考えで行っています。最初は両立が難しい選手も確かにいますが、失敗を見守りながら、少しずつでも自主的に取り組むよう家庭で支えてほしいですね。また、個人的に学業の両立に関しては、クラブチームも部活動も実はあまり関係ないのではないかと思っています。大切なのは、短時間でも毎日積み重ねができるような習慣を身に着けることだと思います。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

競技の面でいうと、戦術や技術のベースを堅固なものにし、いわゆるサッカー強豪国の一般的な選手と同じレベルまでサッカーを知っている選手になれるように教育することが大切だと考えています。そのためには、不安定な時期にある子どもたちの精神面の成長を支えてあげることが必要ですから、保護者の方とも連携して見守っていくことができればと思っています。

F.C. フトゥーラス エストレージャス

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから