教えて!カントク!SUERTE FC Chigasaki(神奈川県)内田優作監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!SUERTE FC Chigasaki(神奈川県)内田優作監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

内田優作監督

SUERTE FC Chigasaki
(神奈川県)
内田優作監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

具体的に何年生というのはないと思いますが、中学校でも真剣にサッカーを打ち込みたいと選手が思い始めたタイムミングで良いのではないでしょうか。そのタイミングが何年生の時に来るか、ということかと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

サッカーに打ち込める環境を作り出してあげられることですかね。環境といっても様々な点があると思いますが、クラブチームは時間、場所、経験など多方面からの環境作りがしやすいと思います。例えば、当クラブでは、ロングパイル人工芝のフットサルコートや、土日に使用する天然芝のフルコート、ナイター照明付きのフルコート中学校グラウンドなど、様々な場所で練習を行っています。中学年代から高校生とのトレーニングマッチを行い経験を積むこともできますし、多くのものを得ることができると思いますね。

SUERTE FC Chigasaki

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

中学年代は多感な時期になるため、サッカー以外の誘惑もたくさんありますが、選手の意思を尊重しながらサッカーに向き合う姿勢をしっかり整えてあげることが重要だと思います。保護者の方は、選手が自分で決めた物事を、あきらめずに最後までやり遂げる大切さを伝えていただければと思います。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

両立できると思います。練習を休まずにオール5の成績を取っている選手もいますしね。毎日1時間や30分程度の少しの時間でも、コツコツ積み重ねて勉強している選手はうまく両立していると思います。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

高校に繋がる大事な時期なので、個人スキル、チーム戦術、フィジカル等、身に付けなければならないことがたくさんあると思います。その中でも、誰でも一度は聞いたことがあるような当たり前のことを体に染みついて癖になっているくらいまで身に付けて、言われなくてもミスなくプレーできるようにする事がとても大切だと思います。

SUERTE FC Chigasaki

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから