大学サッカーのすゝめ知念慶(愛知学院大学 法学部) | サカママ メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ知念慶(愛知学院大学 法学部)

高校卒業後、それぞれの目標を持って「大学サッカー」へとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?進学先を選ぶ際の参考にしよう!

知念 慶
愛知学院大学 法学部 4年/FW
所属リーグ:東海大学サッカーリーグ1部
出身校:知念高校

2つの理由から愛知学院大学を選ぶ

愛知学院大学への進学を選んだ理由は大きく2つあります。1つ目は偏差値が自分に合っていたという事。
2つ目は地元を離れてレベルの高い環境でサッカーがしたかったということです。愛知学院大学はこの2つを備えた素晴らしい大学だったため進学を決めました。

楽しく自分のサッカーの技術を磨けることは他大学にも負けない

入学当初は知り合いもいない中、サッカー部に馴染めるか不安もありましたが、愛知学院大学サッカー部は非常にチームの雰囲気もよく、楽しく自分のサッカーの技術を磨くことができました。
この雰囲気は他大学には負けない良さだと思います。

目標は冬のインカレ出場

今の自分の目標は冬のインカレに出場することです。現在チームはリーグ戦7位と低迷していますが、インカレに出場するために日々トレーニングに励んでいます。また自分の課題は沢山ありますが、まずは運動量を増やす事とチームを勝利に導く得点を決める事です。FWとして、前線からの守備と得点という事はしっかりこだわってもっと高めていきたい思います。

プレスや判断、攻守の切り替えの速さが高校と違う

大学サッカーと高校サッカーの違いは、ズバリ速さだと自分は感じました。プレスの速さ、判断の速さ、攻守の切り替えの速さなどが高校の頃とは全く違いました。また大学サッカーはプレスが速い分、トラップやパスの正確性も重要で、基本的な技術の必要性が求められます。また、常に頭を働かせないと試合についていけないなと感じました。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校サッカーの1番の思い出は選手権です。選手権は高校サッカーの集大成ですが、僕のチームは2年連続で県の1回戦で敗退しました。
これは凄い悔しくて印象深いですけど、それと同時に「普段からもっと練習していれば」という後悔もありました。今の高校生には僕のように終わってから後悔しないように、日頃からどんなにきつくてもトレーニングを怠らないで欲しいと思います。

1日の流れ

8:30起床
9:00-9:30 ⇒ 徒歩で学校へ
9:30-17:00 ⇒ 授業
17:00-19:00 ⇒ 部活
22:00-2:00 ⇒ アルバイト