メインコンテンツに移動

サッカージュニアのマストアイテムの選び方~ソックス編~

サッカーをするうえで欠かせないアイテムの1つ、サッカーソックス。練習時から必要なので、サッカーを始めるならまずは1本購入する必要があるはずです。どんなものを選ぶべきかなどを解説します。

サッカーのソックスとは?

まずは、そもそもサッカーをするときに履くソックスについて知っておきましょう。サッカーソックスは、膝まであるハイソックスタイプのものです。試合や練習では、ソックスの中にすねあてを入れて使うため、その長さである必要があります。「ストッキング」と呼ぶこともあります。機能としては、一般的なハイソックスと比べると分厚く丈夫。汗をかいてもシューズの中で滑りにくいよう加工されているものなどもあります。

何本必要?

試合時はもちろん、練習時にもソックスの着用はマストです。まず必要になるのは、ユニフォームの一つとしてのソックスです。カラーやブランドが指定されていて、それと同じものでなくてはいけません。小学校低学年のうちで、週1回数時間程度の練習のみという場合は、その1本だけでも間に合う可能性も大きいです。まずは所属するチームやスクールが定めるソックスを確認してみましょう。

練習や試合の回数が多くなってきたら、洗い替えを含めて2~3本は用意することをおすすめします。分厚いため乾きにくいのがソックスの難点。最近は素材に力を入れるメーカーが増え、比較的乾きやすくはなっていますが、 1本で使いまわすのはやや厳しいかもしれません。

なお、試合用のソックスはそれなりのブランドものであることがほとんどで、価格も高額になりがち。ソックスは履き続けるうちに穴があいたり破れたりするため、練習時には低価格なものを履くことも多いようです。なお、複数本を使いまわしたほうが長持ちする傾向もあります。

ソックスの選び方

サッカージュニアのマストアイテムの選び方~ソックス編~

サッカーソックスを選ぶ際にまず重視したいのは、当たり前ですがサイズです。ジュニアソックスは一般的に16〜18、19〜21、22〜24があります。子どもの足のサイズに合わせてなるべくピッタリのものを選びましょう。「どうせ大きくなるから」と大きめのものを選びがちですが、足にフィットしたもののほうが動きやすく、良いパフォーマンスを発揮します。さらに、ソックスは消耗も激しいので、そのサイズまで成長する前に穴があく可能性もあります。ただし、素材によって伸び縮みがあるため、選ぶ際は素材の特徴も考慮しましょう。

チームで決まっている以外の練習用のものは、子どもの好きなデザインのものでOKです。お気に入りの1足を買ってあげてください。しばらくすると、ブランドや履き心地など、その子の好みの傾向が分かれてくるかもしれません。気持ちを切り替えたり、やるぞというスイッチを入れたりするためにも、練習や試合ではお気に入りのものを身に着けさせてあげることも、親御さんができるサポートになります。

メンテナンスは

どんなに低価格だとしても千円ほどはするサッカーソックス。できれば長く使ってもらいたいですね。足の爪は短く切る、泥汚れなどはしっかり落とすなどは長持ちに有効です。

ちなみに、わが子のサッカーグッズを長年選択し続けてきた私個人の感想ですが、サッカーソックスは夏場は特に、かなりの悪臭を放ちます(笑) 。普通に洗濯をしただけでは取れないほど臭うことも…。お湯で洗ったり、酸素系漂白剤を使ったりなど、臭い対策もしっかりして夏を乗り切りましょう。

サッカーをするうえで欠かせないサッカーソックス。すねあてを固定する役割も持つことから、子どもの大切な足を守ってくれる存在でもあります。まずはチームカラーの1本を、そして洗い替えを。スポーツショップでは様々なデザインのものが販売されているので、お子さんと一緒に選びに行ってみてください。