JICAボランティア(青年海外協力隊)のサッカー隊員が感じた南米ボリビア ユース事情~第2回~

JICAボランティア(青年海外協力隊)のサッカー隊員が感じた南米ボリビア ユース事情~第2回~

サカママ読者のみなさま、こんにちは!

第2回となる今回は、南米ボリビアサッカー育成年代のカテゴリー、そしてユース年代のプロユース、街クラブ、学校での活動内容について書いていきたいと思います。

日本では普及年代・育成年代のカテゴリーは、下記のようになっています。

・幼児キッズ U-6(時にはU-5、U-4)
・小学生年代 U-12(U-11=5年生、U-10=4年生…)
・中学生年代 U-15
・高校生年代 U-18

日本からみた地球の反対側、南米ボリビアでもほぼ同様ですが、根本的に幼稚園の入園時の年齢がバラバラです。
そのため、当然ながら小学校や中学校も生まれた年が違うお友達がたくさんいるのですが、その環境が「当たり前」なので全然気にならない。違和感がない感じです。

南米ユース情報
スクレ市のリーグ戦に参加したSub11(U-11)カテゴリーのメンバーと。

私のいたサッカーチームにも、6歳になる年に小学校1年生に在籍している子もいれば(日本より1年早い)、逆に8歳になる年に小学校1年生に在籍している子もいました(日本より1年遅い)。
また、ボリビアの学校は始業が1月で終業が12月となります。ただし、サッカーの試合・大会においては所属の学校や学年は関係なく、国民全員が持っている個人生年月日が記載された身分証明書(Carne de identidad)の写しにより、大会ごとに選手証が作られていました。

南米ユース情報
当チームのSub11(U-11)メンバーの選手証をならべてミーティング中。

私が主に活動していたスクレ市(憲法上の首都であり古都の街)の公式大会では、男子は
Sub7(U-7)、Sub9(U-9)、Sub11(U-11)、Sub13(U-13)、Sub15(U-15)、Sub17(U-17)、Sub19(U-19)
という育成年代がありました。

南米ユース情報
Sub13(U-13)のメンバーと。この日はトップチームが使用するスタジアムにて試合を実施しました。

女子の場合、Sub12(U-12)、Sub14(U-14)、Sub16(U-16)、Sub18(U-18)となります。

南米ユース情報
女子Sub12(U-12)メンバーと。

また、スクレ市には、唯一のプロチーム Universitario de Sucre(ウニベルシタリオ)があります。

日本同様にSub6(U-6)のカテゴリーからSub19(U-19)の各カテゴリーでチームが存在し、町や市の大会に一クラブチームとして参加していました。多少人気はあり、在籍人数も多いようでしたが、プロのクラブが日本ほどには特別な存在・価値ではない印象があります。

尚、プロリーグは1部14チームのみで、人気チーム上位3~5チームを除くと各チーム経営が大変との話も聞きます。私がいたチュキサカ県内では過去にプロリーグに所属していたチームが4チーム位あったそうです(大昔の話を含め……)。

・Universitario SFX ( = Universitario de Sucre )
・Independiente Petrolero
・Stormers
・Dunamis

しかし、財政問題や競技力の問題等々で長続きはせず、短期間で降格してしまうのだとか…。Universitario も2018年シーズン最下位のため、2019年シーズンは県(州)リーグに降格してしまいました…(涙)。そのため、2019年シーズンは残念ながらチュキサカ県内にプロ1部のチームは0となっています。こういったこともあり、プロチームのユースチームが特別な存在であったり、入団が難しいという雰囲気は日本ほどには感じられませんでした。

学校は学校で部活動のようなサッカーチームがあり、Pulrinacionalという大会があります。日本で言うインターハイや全中大会のような感じでしょうか。
しかし、レベルは低く日本ほど活発でもありません。スクレ市内だと大きい私立の学校3校ほどが、クラブチームばかりが出場する年間を通した県(州)のリーグ戦に出場していました。
やはり、ボリビアでは街のクラブチームでの活動が基本となり、ほぼ部活動はそのPulrinacionalという大会のために一定期間のみ行っている感じでした。

次回は、育成年代からプロへの道筋、プロ選手のレベルなどについて書いていきたいと思います。お楽しみに!

AND MOREあわせて読みたい

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。 <br>畑本時央【前編】

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。
畑本時央【前編】

編集部

指導者の言霊「平野直樹 履正社高校サッカー部監督」

指導者の言霊「平野直樹 履正社高校サッカー部監督」

編集部

【一歩先を行くフィジトレ!】ジャンプに着目したフィジカルトレーニング

【一歩先を行くフィジトレ!】ジャンプに着目したフィジカルトレーニング

編集部

あなたはラップ派?アルミホイル派?真夏のおにぎりを腐らせないコツ

あなたはラップ派?アルミホイル派?真夏のおにぎりを腐らせないコツ

林 葉子

【全国注目校FILE】敬愛学園(千葉)自慢の攻撃力で強豪ひしめく千葉県を戦う

【全国注目校FILE】敬愛学園(千葉)自慢の攻撃力で強豪ひしめく千葉県を戦う

石黒 登

【一歩先を行くフィジトレ!】身の回りにある用具を使ったフィジカルトレーニング

【一歩先を行くフィジトレ!】身の回りにある用具を使ったフィジカルトレーニング

編集部

Jリーグとタッグを組み地域社会に貢献【サッカーを仕事にするということ】

Jリーグとタッグを組み地域社会に貢献【サッカーを仕事にするということ】

編集部

[第97回高校サッカー選手権] 大会注目選手に聞く!  今、感謝を伝えたい人は誰ですか? Part.2

[第97回高校サッカー選手権] 大会注目選手に聞く! 今、感謝を伝えたい人は誰ですか? Part.2

編集部

綿谷航平(横浜創英/3年) 「自分が光るのはゴール前」 ブレイク寸前の快速ストライカー【選手PICK UP】

綿谷航平(横浜創英/3年) 「自分が光るのはゴール前」 ブレイク寸前の快速ストライカー【選手PICK UP】

編集部

「全国都道府県対抗 eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」<br>大井川和彦茨城県知事 インタビュー

「全国都道府県対抗 eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」
大井川和彦茨城県知事 インタビュー

編集部

リカバリー(疲労回復)へのアプローチ

リカバリー(疲労回復)へのアプローチ

山岸 貴司

GK TECHNICAL シュートへの正しいキャッチとセービング

GK TECHNICAL シュートへの正しいキャッチとセービング

編集部

RANKING人気記事ランキング

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。 <br>畑本時央【前編】

【Jリーガーのセカンドキャリア】26歳でレッズのスカウトになるということ―。
畑本時央【前編】

編集部

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

ジュニアサッカーのキホン!8人制サッカーを知ろう

編集部

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

【大学サッカーのすゝめ 2019】vol.49 矢崎一輝選手(駒澤大学)

編集部

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

【9月特集】中学サッカー「進路」の今を知ろう!#2

編集部

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

続ければサッカー力につながる!ランニングをはじめよう

編集部

EVENTこれから開催するイベント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

宇佐美貴史選手の直筆サイン入りシャツなど豪華賞品が当たる!サカママ vol.30プレゼント

イベント

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】<br>サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

【9月限定初回登録料無料キャンペーン実施】
サカママプログラミング教室開校決定!受講者大募集!

イベント

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

JFAとトヨタが全国で取り組む「サッカー巡回指導」参加募集

イベント