第97回全国高校サッカー選手権大会プレビュー! | サカママ メインコンテンツに移動

第97回全国高校サッカー選手権大会プレビュー!

2018年度選手権の主役はだ!?
全国の好タレントをいち早く紹介!

全国での熾烈な予選大会を勝ち抜き、「第97回全国高校サッカー選手権大会」に出場する48校が出揃った。本大会での活躍か期待される有力プレーヤーをイチ早くPICK UP! 大会の主役候補を厳選してお届けします!

  • 関川郁万
  • DF関川郁万(流経大柏3年)

    強力ヘッドに要注目の鹿島内定CB

    自分で決めて、守って勝つ――。多くのDFが思い描くようなプレーを実現させているセンターバックだ。攻守に渡っての空中戦の強さは昨年 度の選手権やインターハイで実証済み。

    鹿島アントラーズ内定

  • 三國ケネディエブス
  • DF三國ケネディエブス(青森山田3年)

    名門の新たな逸材。U-19代表のハイタワー

    青森山田中時代から注目されていた大型アタッカーは、高校進学後にセンターバックへコンバート。192cmの高さに注目が集まるが、スピードもあり、両足のキックも魅力。

    アビスパ福岡内定

  • 福島隼斗
  • DF福島隼斗(大津3年)

    大津悲願の日本一へ。命運握るリーダー

    「九州のタレント軍団」大津のキャプテンマークを2年時から巻くリーダー。ボランチで経験を積み、今年はCBとしてその読みと対人の強さ、高精度フィードを発揮している。

    湘南ベルマーレ内定

  • 榎本樹
  • FW榎本樹(前橋育英3年)

    昨年度選手権のヒーロー、今年はエース

    昨年度の選手権決勝では後半終了間際に前橋育英を初Vへ導く劇的な“優勝決定弾”。同年のインターハイ得点王の実績も持つ点取り屋が、高さを活かしたヘッドなどでゴールを量産する。

    松本山雅 FC内定

  • 西川潤
  • FW西川潤(桐光学園2年)

    高さと巧さ、速さを兼ね備えたレフティー

    逸材FWは今夏のインターハイ準々決勝で“5人抜き”のスーパーゴールを含む3発。計6得点でチームを準優勝へ導いた 。AFCU-16選手権でも優勝に貢献し、MVPに輝いた。
  • 中村拓海
  • DF中村拓海(東福岡3年)

    多彩な能力示すヒガシの技巧派右SB

    右サイドを駆け上がってドリブル突破、決定的なクロスを上げるだけでなく、ゲームメークする能力とアイディアにも秀でた近代型のサイドバック。複数のJクラブが注目するU-18代表。