メインコンテンツに移動

親子で一緒に学べる!プチトレ「トラップ&シュート後編」

日本代表として活躍した福西崇史がサッカーの基本をわかりやすく解説。大人になっても大切な基礎だから、しっかり覚えておきたい。親子でも、友だち同士でも、一緒にできる「プチトレ」。

Lesson4 トラップしながらターン&シュート

前回の「トラップ&シュート」に続く後編。FWの選手はもちろん、MFやDFの選手も身につけておきたい動きのトレーニングなので、それぞれのプレーが確実にできるように練習しよう!

Lesson4は、お母さんやお父さん、友だちなどにグラウンダーのパスを出してもらい、ゴールを背にした状態でボールをトラップしながら、ゴール方向へターンしてシュートを打つ。とくにFWがよくやる動きだが、MFなどでもボールを受けてからターンし、パスを出す場面はよくある。

今回はシュートを打つことが目的なので、相手DFにボールを取られないように短い時間でボールをコントロールしつつ、シュートまで持ち込まなければならない。ポイントは、パスを受けたら、○を描くようなイメージでボールをコントロールしながら、体ごとターンさせること。ボールと体を一緒に動かせると、勢いのあるシュートを打つことができる。

POINT! ○を描くようにトラップするとスムーズに動けるよ!

Lesson5 浮き球のパスをトラップ&シュート

最初に受けるパスがグラウンダーだったLesson4からレベルアップ。浮き球のパスを受けるので、よりトラップが難しくなる。浮き球のボールは、受けるときの体勢や、(モモや胸など)どこでトラップするか、シュートしやすい場所へボールを落とすにはどうすれば良よいかなど、一瞬でイメージしなければならないことが多い。まずはしっかりとボールをキープすることを目標にし、トラップ→ターン→シュートまでの流れをしっかりとイメージしよう。なれてきたらプレーの時間を短くし、トラップしたボールを地面に落とさず、ノーバウンドでシュートまで持ち込むことができれば完ぺきだ!

Lesson6 ボールの動きを予想してコントロールしよう

パスを出す人のところへタッチしに行き、自分を追い越す浮き球のボールを出してもらう。自分の後ろからロングボールが出てきたようなイメージで、しっかりとトラップしてシュートを打つ。このトレーニングも、なれてきたらトラップでボールコントロールせず、ダイレクトでシュートを打てるようになると良い。Lesson6は、ターンする動き、後ろからくるボールが落ちる場所の予想、トラップなど、ポイントはたくさんある。ボールの動きや周りの状況を見ながら、トラップするのか、ダイレクトシュートを打つのかをプレー中でも選べるように、テクニックとイメージを身につけよう。

Lesson7 ななめ後ろからくる浮き球をシュート

パス交換をしたら、パスした人の後ろをグルッと回るように走り、ゴール方向へ向かうタイミングで浮き球のボールを出してもらう。後ろからくるボールをシュートする動きはLesson6と同じだ。まずは、正確にパス交換し、パスを出したらすぐに動き出すこと。そして、走るスピードをキープしたまま、ボールをコントロールしてシュートすることが大切。スピードをキープできれば、勢いのあるシュートを打つことができ、そのまま相手DFを振り切ることもできる。カウンターや味方からのロングボールを受けて攻撃するときなど、色々な場面で役に立つので、自分のスタイルを身につけよう。

親子で一緒に学べる!プチトレ「トラップ&シュート前編」

合わせて読みたい

  • 親子で一緒に学べる!プチトレ「トラップ&シュート前編」
  • 親子で一緒に学べる!プチトレ「シュート 後編」
  • 親子で一緒に学べる!プチトレ「シュート前編」
  • フィニッシュのトレーニング②こぼれ球をシュートする力を身に着ける
  • フィニッシュのトレーニング①目的はゴールを奪うこと。素早く判断してシュートを決めよう

関連記事

  • 【大槻邦雄の育成年代の「?」に答えます!】親子トレーニングで大切なことは?
  • こんな時だからこそできる!サッカー個人基礎練習!!パートⅢ
  • こんな時こそ欲張りメニュー!
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング5 〜毎朝10分カラダスイッチON~
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング4 〜毎朝10分カラダスイッチON~
  • 身体機能を最大限引き出す!基礎動作トレーニング3 〜毎朝10分カラダスイッチON~