本番直前にできる心の整理術 | サカママ メインコンテンツに移動

本番直前にできる心の整理術

こんにちは、メンタルトレーナーの清水利生です。
受験や、セレクションなど緊張感やプレッシャーを感じるとき、普段通りできれば…と、いつも通りの自分でいられればうまくいきそうでも、なかなかそうはいかない事もあります。
今日はそんな大一番前にできる、緊張やプレッシャーを扱うための心の整理方法を書いていきます!

プレッシャーを上手に扱おう!

今まで多くの選手をサポートしてきましたが、本番で失敗してしまった選手に後から話を聞くと、「今考えるとプレッシャーがかなりかかっていたかもしれない。」
よくそんなコメントをもらいます。
プレッシャーが良くないもの。と、認識していると、知らぬ間にプレッシャーを避けようとする思考が働きます。
例えば、本番3日前。
本番のことを考えると不安になってしまうから、考えるのをやめておこう。
そんな考え方になると、知らぬ間に本番を避け、自分に今かかっているプレッシャーに気付かなくなるものです。

しかし本番になると避けては通れないのがプレッシャー。
大事な場面になればなるほどかかってきます。
本番でも自分の本来の感情を感じないようにしようとしてしまい、自分の状態を見失ってしまいます。
プレッシャーや、緊張は心の自然な反応です。
悪いものと評価するのではなく、素直な自分の感情なのだ。と寄り添うことが上手な扱い方と言えるでしょう。

大切なのは、その感情をなくすことではありません。
その感情の中でどんなことができるのか?ということです。

ですので、お子様がいつもと様子が違うようならば、素直な感情を認識できるように会話を使ってお子様の感情に寄り添ってみてください!

自分に置き換えて感情を伝えてみる!

感情に寄りそうためには、まずお子様が自分自身の感情に目を向ける時間をとることです。

例えばお母様から、「こういう時って自分だったら緊張するな。」や、「自分ならプレッシャー感じるよ。」と、自分がその状態であったときにどんな感情になるかを話してみてください。
お母様からの一言で、お子様は感情に目が向き、自分がどんな状態かを把握する作業ができます。
そうすると今の自分が理解でき、いつもの自分となるための土台ができます。

意識を向けるのは行動へ

感情に気づいたら、その感情に寄り添うこと。
そして、その次のステップとして、行動に意識を向けること。
そうすることで、やるべきことが明確化され、頭の中が整理された状態で本番に向かうことができます。例えば、「緊張してるから、まずはゆっくりと丁寧にプレーしていこう。」や、「プレッシャーがかかっているから、最初のプレーは簡単なプレーからして、徐々に慣れていこう。」など、自分の感情に寄り添いながらできる行動に意識を向けます。

前提として緊張、プレッシャーは受け入れられており、その中で徐々にエンジンをかけていくことを意識しましょう。

できることを積み重ねることによって、緊張している自分を肯定できるようになっていきます。
緊張してるけど、ワンプレー目はミスしなかった!
このように緊張してる状態に自己肯定感を得られるようになると、緊張していることが気にならなくなってきます。
その状態になると、いつもの感覚が戻ってくるでしょう。

その自己肯定感を積み重ねるためには、本番前に行動を設定することをおすすめします。
予め、お子様と作戦会議をひらき、最初のプレーや、前半のプレーで意識する行動目標を決めておきましょう!

自己肯定感を得ることはいつもの自分になるための一番の特効薬。
そのために、ぜひ作戦会議をしてみてください!
皆様の大切な場面でメンタルトレーニングが役立ててもらえると嬉しいです。