教えて!カントク!アリバサッカークラブ(兵庫県)谷口祐一郎監督 | サカママ メインコンテンツに移動
 

教えて!カントク!アリバサッカークラブ(兵庫県)谷口祐一郎監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

 

アリバサッカークラブ
(兵庫県)
谷口祐一郎監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

いつ頃というのは特にないと考えていますが、常に将来どうなりたいかというヴィジョンを描くことが大切だと思います。そのヴィジョンが常に描けていれば低学年からでも考えると思いますし、早ければいいとか、遅いから駄目とかではないと思います。
ただ、近年早い段階でのセレクションを行うクラブチームが増えているので、子どもにとって良い悪いは別にして早めに考えておかないと選択肢が減るのは事実だと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

クラブチームの良さはトップの選手にあわせて指導できるという事です。私は中学校教員もしておりましたが、部活動はどうしても下のレベルの子に合わせて指導しがちなので、トップレベルの選手には物足りなさを感じると思いますし、これでいいかという気持ちにもなりがちです。部活動は学校教育の一環ですから、トップ選手を引き延ばす教育は難しい場合もあるかと思います。学校の勉強でも成績のいい子や進学校に行きたい子が塾に行っているのと同じ感覚だと思います。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

よくサッカーの内容についてどうこう言われる保護者がいますが、正直そういう保護者の選手は上手く伸びない子が多い気がします。サッカーについてでなく、人として必要な人間教育や、子どもがサッカーに集中して取り組める環境作りが大事ではないでしょうか。
あとは絶対にサッカーのことで怒らないことだと思います。特に失敗したときです。サッカーの現場で指導者に注意され、家で保護者にまで注意されては子どもはストレスを抱えてしまいます。カウンセリングをするつもりで子どもの気持ちを聞いてあげることが重要です。もちろん子どもの意見が間違っている事もあるかもしれませんが、否定せずに問いかけるようにして導いてあげてください。
あとは、身体のケアのサポートはしてあげて欲しいですね。子どもは自分の身体の事は曖昧にしか分かりません。そこは保護者が表情などをみながら敏感に察してほしいです。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

可能です。部活だったら勉強出来るという感覚は間違っています。部活でも練習はありますし、疲れます。限られた時間をどうマネジメントするか。これが重要だと思います。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

日本のサッカーは上手くなれば負けていいなどの指導が多いですが、勝利至上主義とまではいかないにしても、常に負けたくないという気持ちで何事にも一生懸命取り組む事が重要だと思います。日本人が本番に弱い理由は、常に勝つ事を意識してプレーしていないため、練習と本番でのギャップに対応出来ないからではないかと思うのです。ですから、常に全力でプレイすることが何よりも大切ではないでしょうか。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから