大学サッカーのすゝめ 三笘薫(筑波大学) | サカママ メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ 三笘薫(筑波大学)

高校卒業後、それぞれの目標を持って「大学サッカー」へとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?進学先を選ぶ際の参考にしよう!

三笘薫
筑波大学 体育専門学群 2年/MF
所属リーグ:関東大学リーグ1部
出身校:橘高校(川崎フロンターレU-18)
プレーの特徴:相手の逆をとるドリブルやパス

高い意識を持った仲間に恵まれサッカーに向き合うことができている

私が筑波大学に進学しようと思った理由は、プロサッカー選手になるために最適な場所であると思ったからです。
実際に入ってみて、計画的なトレーニングや高い意識を持った仲間に恵まれサッカーに向き合うことができていると感じています。専門的なスポーツや体育などの授業があるため自分自身に還元できる部分も数多くあります。

自分がどんなプレーヤーか改めて見つめ直し特徴を出せるように心掛けて練習

大学に入って取り組んだことは、自分の長所を伸ばすことです。自分がどんなプレーヤーか改めて見つめ直し特徴を出せるように心掛けて練習しています。
さらに筋力トレーニングやコンディショニングなど高校時代より自分に向き合う時間が増えたと思います。

チームで絶対的なプレーヤーになり、試合を決められる選手にならないといけない

今の課題は決定力と走力です。前線の選手であるにもかかわらず得点ができていない現状です。スプリント回数を増やすこととスタミナをつけないといけないと感じています。
また、出来ることを今以上に増やして、チームで絶対的なプレーヤーになり、試合を決められる選手にならないといけないと思っています。

大学サッカーでは、より自分自身を律する必要性がある

高校サッカーに無くて大学サッカーにあるものは、自主性だと思います。自分たちで運営を行うなど、組織の一員として何か役割を持つことが高校サッカーよりも多いように感じます。
また、高校時代よりも自分の行動に自由が生まれるため、いくらでも行動次第で変わると思います。
私は一人暮らしをしているため、食事の面など自分で管理したり、より自分自身を律する必要性があると感じています。

自分の短所に向き合うことも大事だが長所を伸ばすことも忘れてはいけない

高校サッカーでは、しっかりと目標を設定してそれに少しずつでも取り組むこと、それを継続することが大切だと思います。また、自分の短所に向き合うことも大事ですが長所を伸ばすことも忘れてはいけないと思います。
将来の自分を見据えつつ今できることを全力で楽しみながら向上心を持ってほしいです。

1日の流れ

7:00 ⇒ 起床
7:00-8:40 ⇒ 朝食、準備、自転車で大学へ
8:40-11:30 ⇒ 講義
11:30-12:45 ⇒ 昼食
12:45-16:30 ⇒ 講義
16:30-17:00 ⇒
17:00-18:45 ⇒ 練習
18:45-19:00 ⇒ 自主練習
19:00-21:00 ⇒ 夕食、入浴
21:00-23:00 ⇒ 自由時間
23:00- ⇒ 就寝