大学サッカーのすゝめ 町田ブライト(東京国際大学) | サカママ メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ 町田ブライト(東京国際大学)

高校卒業後、それぞれの目標を持って「大学サッカー」へとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?進学先を選ぶ際の参考にしよう!

町田ブライト
東京国際大学 言語コミュニケーション学部 3年/FW
所属リーグ:関東大学リーグ1部
出身校:成立学園高校
プレーの特徴:ボールキープ

サッカーも強くて英語も勉強できる

家から近くて通いやすく、サッカーも強くて英語も勉強できるところに魅力を感じ、入学しました。とても良い環境でサッカーができています。

サッカーの練習量が増えたことで成長のスピードが上がった

大学に入ってサッカーの練習量が増えたことで成長のスピードが上がりました。勉強面では英語のスキルが上がったと感じています。

目標は得点王

今の目標は得点王になって、プロのチームに声をかけてもらうことです。

大学はサッカーにも勉強にも打ち込める

高校の時よりも大学では自分の時間があるので、サッカーにも勉強にも打ち込めると思います。

高校ではサッカーを楽しんでもらいたい

高校ではもっと練習して、サッカーを楽しめば良いと思います。大学に入ってサッカーについて知ることができたと感じているので、個人的には高校生の頃からもっとサッカーを知るべきだったなと思います。

1日の流れ

7:45 ⇒ 起床
7:45-8:15 ⇒ 朝食
8:15-9:00 ⇒ 準備
9:00-9:30 ⇒ 電車で大学へ
9:30-16:30 ⇒ 授業・講義
16:30-17:00 ⇒ グラウンドへ移動
17:00-18:30 ⇒ 練習
18:30-19:30 ⇒ 自主練
19:30-20:30 ⇒ 片付け・帰宅
20:30-21:15 ⇒ 夕食
21:15-24:00 ⇒ 自由時間
24:00- ⇒ 就寝