大学サッカーのすゝめ 小笠原佳祐(筑波大学) | サカママ メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ 小笠原佳祐(筑波大学)

高校卒業後、それぞれの目標を持って「大学サッカー」へとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?進学先を選ぶ際の参考にしよう!

小笠原佳祐
筑波大学 体育専門学群 3年/DF
所属リーグ:関東大学リーグ1部
出身校:東福岡高校
プレーの特徴:他人よりも身体能力で劣るので、考えてプレーしていること

インターハイの優勝をきっかけでサッカーというツールを使って目指すことができる大学を選んだ

大学までサッカーを続ける気はなく、他の高校生のように受験をし、自分の勉強のレベルで入学することができる大学に入るつもりでした。
しかしインターハイで優勝し、勉強で目指せる大学よりも、自分の競技しているサッカーというツールを使って目指すことができる大学で自分より賢く、サッカーが上手な選手が多数所属する環境に身を置いてみたいと思い、進学しました。

大学に入って、まずは体力や技術的に足りない部分を補った

大学入学後、まず試合に出られないところからのスタートであったため、どうしたら試合に出られるのか考え、体力的に足りていないところや技術的に足りていないところを補おうと努力しました。

今の課題はサッカーに取り組む姿勢

今の課題はサッカーに取り組む姿勢です。サッカーに本気で、サッカーの為に生活を捧げているかと問われたら、首を縦に振ることができないと思っています。
サッカーが全てだとは思っていませんが、もう少しサッカーに時間的にも、気持ち的にも力を注ぎたいです。

高校サッカーになくて、大学サッカーにあるものは「自主性」

高校サッカーになくて、大学サッカーにあるものは、間違いなく「自主性」だと思います。高校ではある程度やることが決められています。
決められていないとしても、ある程度の範囲があります。大学ではほとんどのことを自分でやらなければならないため、それはサッカーでも日常生活においても言えることだと感じます。

「求められるのは何なのか」を考えることが重要

現役の高校サッカープレーヤーに僕みたいなアマチュアの選手が何かを言うのはおこがましいですが、あえて言うのならば、「求められるのは何なのか」を考えることが重要だと伝えたいです。
僕も高校生もアマチュアであり、入学してしまえば、よほどのことが無い限り高校では3年間、大学では4年間戦わなければなりません。そこで監督・コーチと気が合わないからと言っても移籍することはできないのです。
与えられた環境で、監督が何を求めて、いかにそれを実行できるかが重要になってくると思います。高校生のとき、僕はそれができていなかったです。

1日の流れ

7:30 ⇒ 起床
8:00-16:30 ⇒ 授業
16:30-19:00 ⇒ 練習
19:00-20:00 ⇒ 夕食
20:00-23:00 ⇒ 自由時間
23:00- ⇒ 就寝