教えて!カントク!杉並アヤックスサッカークラブ(東京都)中越悠樹監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!杉並アヤックスサッカークラブ(東京都)中越悠樹監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

 

杉並アヤックスサッカークラブ
(東京都)
中越悠樹監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

チームに入ることが目標ではないと思いますので、まずは本人のサッカーに対する姿勢や、どのくらいの覚悟があるのかを家族で時間をかけて話し合ってほしいですね。なので、6年生になってから考え始めても充分ではないでしょうか。
また、絶対ここに行きたいと思うことも大切だと思いますが、体験会や練習会が始まる時期に色々なクラブに参加してほしいですね。そこで沢山の仲間と出会い、色々な指導者から刺激を受けることで、ここなら楽しくサッカーが出来そうだと思えるクラブがきっと見つかると思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

トレセン制度や、試合時間、指導者ライセンスの有無など違いは様々あると思いますが、中でも公式戦の数の違いは大きいかもしれませんね。招待大会や各支部の大会等もあるので一概には言えないかもしれませんが、公式戦はクラブの方が多いのではないでしょうか。やはり試合をすることは重要ですよね。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

ドイツに遠征に行った時のことですが、保護者、指導者といった大人達が、自分のチーム、相手のチームに関わらず、いいプレーや惜しいプレーには拍手や歓声を送っていました。「何だ!?今のプレーは!?」と怒鳴りつけるようなことは一切なく、とにかく褒めるんですね。もしもお子さんが悩んでいる時は、そっと手を差し伸べてとにかく話を聞いてあげることが大事かもしれません。

杉並アヤックス

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

両立は可能です。また、両立というよりも今は何を優先すべきなのかというのを考える力をつけることが大切だと思います。中学生でサッカーを真剣に取り組もうと思うと本当に時間がありません。サッカー、習い事、趣味や友達と遊ぶ時間など、今の子供たちは本当に忙しいです。しかし、サッカーをしたいからこそ、どの時間を割いて勉強に費やすのかを考えてほしいですね。勉強というのは単に学力を身に付けることではなく、自分で考える力、生きる力を身に付けることですから。なので、時にはサッカーを休むことだってありだと思います。それが自分で考えて出した答えなら、休むという選択もOKというのがうちのチームのスタンスです。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

どんなサッカーをするか、チームの戦術や個人技も大切だと思いますが、先にも述べたように何よりも褒めること、そして自分で考えることが大切ではないでしょうか。もちろん褒めるだけではなく、仲間を傷つけるような言動をしたり、間違ったりした時には強く叱ることも必要だとは思いますね。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから