教えて!カントク!大豆戸FC(神奈川県)松尾泰介監督 | サカママ メインコンテンツに移動
 

教えて!カントク!大豆戸FC(神奈川県)松尾泰介監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

大豆戸FC
(神奈川県)
松尾泰介監督

中学年代のサッカー進路はいつ頃から考えるべきでしょうか?

いつからでも遅くはないと思います。ですが自分一人では情報が集められないので指導者や保護者様が協力できる環境作りをし、判断材料を提供してあげるのが大事だと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょうか?

クラブチームでは学年ごとに活動をしていますので、1年生からボールに触れられる時間があります。各学年にリーグ戦、練習試合がありサッカーに取り組める環境は、クラブの方が整っているのではないでしょうか。クラブチームではサッカーの専門知識を持ったスタッフが指導し、コンディショニングや栄養面については外部講師など、専門のスタッフを招いているチームもあります。「部活・クラブに入ってみたら、イメージと違った」など、実際に経験し初めて知ることもたくさんあると思いますので、一番は自分に合った環境を選ぶことが大切だと思います。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

サッカーもサッカー以外もすべて大切だと考えております。サッカーのレベルアップはもちろんですが、プロサッカー選手になれるのは一握りです。プロサッカー選手になれない子の方が多い中で、色々なことに興味、関心が持てるようなアプローチ(勉強、芸術、音楽など)をし、どこに行っても通用する選手を育んでいきたいと考えております。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

部活所属している選手の中でも学業を疎かにしている子はおり、クラブチームだからというのは関係ないと考えております。ですので当クラブは選手一人一人の成績を把握し、学業へ関心が持つようなアプローチ、面談等を繰り返し行っております。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

中学生は、自分の意見を言うことが恥ずかしいと思い、人の目を一番気にする思春期に差し掛かる年代です。一方通行になるのではなく、選手の意見も聞いてあげることが大切だと思います。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから