教えて!カントク!PBJ千葉(千葉県)八木秀尚監督 | サカママ メインコンテンツに移動

教えて!カントク!PBJ千葉(千葉県)八木秀尚監督

「中学サッカー進路」について、サカママからの疑問に監督が答えます。ただ上手さだけを追求するのではなく、サッカーを通した人間教育の大切さについて、耳を傾けてみてください。

八木秀尚監督

PBJ千葉
(千葉県)
八木秀尚監督

小学生のうちに中学サッカー進路はいつごろから考えるべきでしょう。

特に決める必要もなく、自然の流れで本人の意欲にしたがって進めば良いと考えます。周りに流されて、あれこれ手をだし、自分を見失うことが一番よくありません。そんな気持ちで入団しても、3年間で望むような成長をすることは難しいと思います。

クラブチームにおける中学の部活動との違い、部活動と比較したクラブチームの良さとは何でしょう。

クラブチームのメリットは制約等が無く、チームの方向性、基準の中でサッカーを主体とした活動が行えるところでしょうか。ただ、サッカーにおける違いは、環境や場所よりも選手本人が生み出すものだと考えていますし、選手にもそう問いかけています。また、チームに対し愛情、責任感をもって日々過ごすことが重要ですね。

中学年代の保護者のサポートについて、どういったことが大切か、また保護者はお子さんとどう向き合うことが大事だとお考えでしょうか?

自立心を育む取り組みをしていただきたいです。子どもには自由を与えて、影で支えていただく距離感が望ましいです。この年代は自分1人で考えることができるようになることが重要です。成長の早い選手のご家庭は、そのような接し方をされているところが多いと思います。

クラブチームでの活動と学業は両立できるでしょうか?

進路を考える段階で両立可能か判断されるといいかと思いますが、基本は両立することを前提としてほしいですし、両立は可能だと考えています。

中学年代の育成について、大切なことは何だとお考えですか?

心技体に焦らずアプローチして、伸びしろを残しつつ次のステップへ繋げることを大切にしています。また、思春期、成長期の子供たちということを念頭に置いて接することですかね。

そのほかのクラブチームの監督のメッセージはコチラ!

中学クラブチーム情報収録!
『中学サッカー進路ナビ WEB版』

 

中学サッカー進路の情報を網羅した書籍『中学サッカー進路ナビ』が、さらにパワーアップしてWEBで見られるようになりました!
書籍掲載の東京、神奈川、千葉、埼玉のクラブチームに加え、新たに関西地方のチームも追加。基本的なクラブ情報はもちろん、進路実績や大会実績、セレクション情報など気になる情報をまとめてチェックできます。

>>『中学サッカー進路ナビ WEB版』詳細はこちら

中学クラブチームの皆さまへ

サカママ編集部では、継続的にクラブチームの皆さまの情報を受け付けております。新規掲載を希望されるチームの方々は、お気軽にお問い合わせください。関東・関西以外のチームも歓迎です。

>>掲載依頼はこちらから