選手に聞く!大学サッカーの良さ・進学の利点とは?【大学サッカーのすゝめ2021総集編】 | サカママ メインコンテンツに移動

選手に聞く!大学サッカーの良さ・進学の利点とは?【大学サッカーのすゝめ2021総集編】

高校卒業後、それぞれの目標を持って大学サッカーへとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介する「大学サッカーのすゝめ」。2021年版では、関東一部・二部 計24校・48名の選手を紹介してきました。

2021年版の総集編として、各質問の多かった回答や選手達のコメントをピックアップしてお届けしていきます。第1回目は、「大学サッカーに進んでよかったこと」、「今の大学・サッカー部を選んだ理由」についてです! また、進路選択の準備についても聞いています。

大学サッカーの良さ、大学に進学する利点とは?

高校卒業後、大学に進学してサッカーを続けることを選択した大学サッカープレーヤーたち。進路選択時の背景は様々ですが、実際に進学してみて感じた「大学サッカーならではの良さ」や「大学に進学することの利点」とは何なのでしょうか?

プロ内定選手や社会人チームなど、ハイレベルな相手と試合ができる

Jリーグでも大卒ルーキーの活躍が目立っているように、大学サッカーでは今後の活躍が期待される選手と対戦する機会が多くあります。また、部内にプロ内定の先輩がいるため、話を聞きやすいことを利点にあげる選手も多数いました。
さらに、大学サッカーではJクラブ、社会人チームとの対戦機会も豊富です。昨年の天皇杯では2回戦で順天堂大学がFC東京に勝利するなど、近年Jクラブ相手にも好ゲームを繰り広げています。学生の段階でプロのレベルを直に感じることができるのは大学サッカーの利点の一つでしょう。


専修大学 井上詩音選手(3年)
関東大学サッカーリーグのレベルは非常に高いです。プロに内定している選手たちとも試合ができますし、今の自分の立ち位置や、そういった選手たちとのレベルの差を知ることが出来ます。また、天皇杯など、プロチームと公式戦で戦うチャンスがあることも大学サッカーの利点だと思います。

流通経済大学 安居海渡選手(4年/22年度浦和レッズ加入)
全員がプロ選手を目指しており、互いに意識高く、切磋琢磨しながら成長していけるのがとても良いと思います。また、カテゴリーも多く、大学生同士だけでなく、社会人のチームと試合をする機会もあるところは大学サッカーの良さではないでしょうか。

セカンドキャリアの形成に繋がる

2021年の大学サッカーのすゝめでは、セカンドキャリアについて触れている選手が多くいました。プロの世界は狭き門。何よりプロサッカー選手になれたとしても、現役生活がいつまでも続くわけではありません。大学の4年間でサッカー以外にも様々な経験を積むことは、長い目で人生を見た時にプラスには働く部分も多いはずです。


東京国際大学 山原康太郎選手(3年)
大学サッカーに進んで感じた利点としては、プロに向けてサッカーの実力を向上させる時間と共に、自分のキャリアについて考える時間も4年間できたことです。もし、プロになることができたとしてもサッカー選手という職業は不安定であり、いつ解雇されるかわかりません。そんな時に大学で様々な資格取得や勉強をしておけば、セカンドキャリアの幅が広がります。

拓殖大学 小川開世選手(3年)
サッカーだけでなく、さまざまな分野の学業に真面目に取り組むことによって、新たな発見があったり、自分の知識の幅を広げることができ、人間的にも成長できる点は進学して良かったなと感じています。

こんな意見もありました!

関東学院大学 村上悠緋選手(3年/23年度横浜F・マリノス加入内定)
まず、大学では4年間サッカーができることが保証されています。そんな中、公式戦など観客の前でプレーできるのはすごく楽しいですし、やりがいを感じることができます。また、デンソーカップなど様々な選抜があるので、その分プロになるチャンスも多いのではないかと思います。有名無名関係なく、色々な選手がいますし、新たな発見が多いのも良いところですね。

早稲田大学 監物拓歩選手(3年)
多くの人の考えに触れることで、考える時間というものが今まで以上に増え、物事を多くの視点で捉えられるようになりました。サッカーをしている時間の質が向上したのはもちろんですが、サッカー外の時間の質というものも向上したと思います。

法政大学 佐野陸人選手(3年)
大学サッカーは全てが自分次第ですが、自分が拘って取り組んだ分、成長へとつながる場所です。また、リーグ戦、カップ戦の運営が学生主体で行われています。これは他のカテゴリーでは経験できない、学生だからこそできることなので、貴重な経験ができるという点でも大学サッカーに進んで良かったと思います。

大学サッカー最大の利点は
「4年間」という時間が与えられること

今回紹介したように大学サッカー、進学の利点には様々な意見がありますが、それらの根底には、高校よりも自由度の高い環境の中で「4年間」という時間が与えられるという考えがあるのではないでしょうか。大学サッカーに進みたいという選手は、4年間の中で何を磨くのか? また、与えられた時間をどう有効活用するか? をぜひ考えてみてください。


駒澤大学 相澤佑哉選手(3年)
大学サッカーに進んで良かったことは、高卒でプロになるよりも大学での4年間で多くの積み重ねができることだと思います。大学サッカーでは結果はもちろん大事ですが、それまでの過程がとても重要だと思います。多くの部員がいる中で同じ方向を向いて頑張ることができるのは大学サッカーの良い点です。

今の大学を選んだ理由は?

関東一部、二部だけでも24校もの大学があります。進学する際に検討材料にしていたことや、進学の決め手になったことが何だったのかを聞いてみました。

練習会で感じたプレースタイルや雰囲気の良さを理由にあげる選手が多数!

 

最も多い回答は、練習会に参加してプレースタイルが自分に合っていると感じたり、雰囲気の良さやレベルの高さを感じたからというものでした。やはり実際に自分の肌で感じたことが一番大きいのかも?


日本大学 橋田尚希選手(2年)
練習に参加をさせていただいた時に、学生がメニューを考え練習に取り組んでいる姿を見て、主体性を重んじる日本大学サッカー部に進学することで、自分に足りない力が身につくのではないかと感じたからです。

東京国際大学 志賀一允選手(2年)
練習参加させていただいた際に、GKコーチの星子泰斗さんとGKとしての考え方が凄く合っていると感じたからです。

直属の先輩が進学して活躍していた!

直属の先輩など身近な人が進学しており、その後も活躍しているから、という理由をあげている選手も。自分がよく知る人物がいると部の話も聞きやすいですし、自分が入部した際のイメージも湧きやすいのかもしれません。


桐蔭横浜大学 山田新選手(2年)
練習参加した際に技術レベルの高さを感じたこととチームの雰囲気が良かったことが桐蔭横浜を選んだ大きな理由です。加えて、川崎フロンターレU-18の偉大な先輩である早坂勇希さん(22年度川崎フロンターレ加入)が所属していたことも大きな要因となりました。

専修大学 浦川流輝亜選手(2年)
部活動だけでなく、勉学の方でもしっかりと学べる環境を探した結果、専修大学を選びました。また、兄も専修大学のサッカー部に所属しているので、親に兄弟でプレーしている姿を見せたかったというのもあります。

大学の判断材料はサッカーだけじゃない!

大学を決める材料となるのものはサッカーだけではありません。資格取得などの学業面や、自宅からの通いやすさなどを理由の一つとしてあげる選手も。いくつかの大学で迷ったら、サッカー以外のことも判断材料に入れてみては?


立教大学 関口崇太選手(3年)
自分は一般受験での進学を考えていたので、一般入部ができるサッカー部をいくつか調べていたところ、歴史と伝統ある立教大学サッカー部の存在を知り、とても魅力を感じました。

東京学芸大学 後藤健太選手(2年)
教員養成学校であるため教員免許を取得しやすいことや、自宅から通える距離にあること、落ち着いた雰囲気、少人数制など学びに適した環境が整っていることにも魅力に感じました。

筑波大学 庄司夢ノ介選手(2年)
サッカーが強いだけでなく、大学サッカー界を牽引していくためにピッチ外でも様々な形で貢献しようと取り組んでいるところに魅力を感じました。

番外編
進路選択の実態調査!
いつ頃から準備した?何校調べた?

大学進学を決めた選手たちは、当時いつ頃から進路を意識していたのでしょうか? 今回、大学選びの準備をいつ頃から始めたか、また、何校検討したかを聞いています。まずは、いつ頃から準備したか?の結果を見てみましょう。

 
※数字は海外挑戦を検討していた選手を除く、47人の内訳

半数以上の選手が高校3年生の春頃と回答。次いで多いのが高2冬となっています。どういった入学形式を取るかにもよりますが、早めに準備を始めておくにこしたことはなさそうです。ちなみに大学の練習会は早いところで春から行なわれ、夏にピークを迎えます。この点も頭に入れておきましょう。

続いて、大学を決めるのに何校調べたかも聞いてみました。

 
※数字は海外挑戦を検討していた選手を除く、47人の内訳

こちらは2~3校という回答が過半数を占める結果に。(中には20校という選手も!)また、もともと海外挑戦を考えていたので0校だったが、コロナ禍で話が進まなくなっていたところ、声をかけ続けてくれていた大学に進んだという選手もいました。いずれにせよ、1校よりはいくつかの大学を比較検討してみるのがいいかもしれません。

進路選択、先輩からのアドバイス!

日本体育大学 西城響也選手(2年)
大学選びは高校2年生の段階から始め、1校だけでなく、3~4校くらいまで考えておく必要があると思います。進学したいと考えている大学のオープンキャンパスや、スポーツをしているなら練習参加をすることで、より深くその大学を知ることができるのでおすすめです。

東京学芸大学 清水諒也選手(3年)
大学は単に勉強するだけではなく、これからの皆さんを形作る場所でもあります。たくさんの出会いや経験をし、刺激的な毎日を過ごすことができます。だからこそ、自分自身に向き合い、自分の意思で選択をしてほしいと思います。あとは、自分を信じて頑張るだけです。


アミノバイタルアミノバイタル

※「大学サッカーのすゝめ」は関東大学サッカー連盟のご協力のもと作成しています。記事内で使用している写真は各チームの了承を得た上で、連盟を経由してご提供いただいたものです。