中学サッカーでかかる費用は?今すぐ知りたい!お金のため方・ふやし方 | サカママ メインコンテンツに移動

中学サッカーでかかる費用は?今すぐ知りたい!お金のため方・ふやし方

子どもの進路や教育費の準備、将来設計について、今一度考えなくてはと思いながら、子育てや家事、仕事、サッカーサポートで忙しい毎日。つい後回しになっているサカママも多いのでは?
でも、今、しっかりお金の計画を立てておかないと、中学サッカー進路を「クラブチーム」に選んだ場合、想像以上にお金がかかることも。そこで、そんな将来のお金の不安や悩みを解決するヒントをご紹介。子どもの夢を叶えるために、今こそ、将来のお金のこと、考えてみて!

中学サッカーでクラブチームを選ぶと、年間50万円かかることも!

 

サッカーをしている子どもたちに、数年後やってくるのが、中学サッカー進路。中学生になってサッカーを続けるには、中体連(部活動)とクラブチームがあり、子どもにとって最適なチームをみつけることが重要です。
クラブチームを選んだ場合、指導方針はもちろん、年間の費用も各チームによって違ってきます。入会金やユニフォーム代などを含め、1年次の年間費用は、おおよそ20~30万円かかり、中には50万円程かかるチームも!(中学サッカー進路ナビ調べ)
また、「高校は親元を離れて強豪校でサッカーをしたい」「サッカー留学をしたい」ということもありますよね。

 

一般的に大学進学までにかかる子ども1人あたりの教育費総額は約1,200~1,500万円(保険マンモスの試算)となることが多いようです。最近は大卒Jリーガーも増えているので、将来就職するにも、プロになるにも、教育費は大学進学まで計算に入れておいたほうがよさそうです。そのため、サカママは教育費とサッカー進路、両方の費用を考えておく必要があるのです

お金をためるには保険の見直しが重要に!相談するには?

 

お金をふやそうと資産運用などを検討しているものの「難しい」「損をするのがこわい」と、始められない人も多いのでは?
お金をためるためには、「お金をふやす」「支出を減らす」ことが必要となり、支出を減らすことは、収入が増える以上に家計改善効果があるといわれています。支出のうち「固定費」(=毎月定額でかかるお金)を削ることが最優先であり、固定費の中でも、保険料の割合は大きいため特に見直しが必要になるのです。

とはいえ、固定費削減や保険の見直しは、やっぱり面倒で難しい…と思いがち。でも、幅広いお金の専門知識を持っているFP(ファイナンシャルプランナー)に頼れば、早く簡単に解決できます。また、FPに相談すれば、お金のため方・ふやし方を教えてくれるのはもちろん、家計のスリム化をプロの目でアドバイス。さらに、老後資金や住宅ローンなども含めたヒアリングから、将来のお金の計画の提案まで聞くことができるのです。

なお、FPに相談する際は、今、加入している保険に「もしものことがあった時の十分な保障」がついているかを確認することも大事です。

保険マンモスなら、優秀なFPを無料で紹介してくれる!

 

大切な将来のお金の話。せっかく相談するなら、優秀なFPにお願いしたいと思いますよね。
無料で保険相談ができる「保険マンモス」では、能力が高く、経験豊富なFPを紹介してくれます。しかも紹介は無料、相談料など一切かからないのも嬉しいポイントです。

なお、「保険マンモス」は、優秀なFPに相談できる保険相談ナンバー1(保険相談に関する調査の3カテゴリでトップの評価)に選ばれ、提携FPの取り扱い保険会社数は平均22社。
しつこい勧誘は一切ないので安心です。
すぐにやってくる中学サッカー進路。明るいサッカーライフの扉を開くためにも、お金のプロに一度相談してみては?

無料保険相談をする