大学サッカーのすゝめ吉岡雅和(駒澤大学 経営学部) | サカママ メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ吉岡雅和(駒澤大学 経営学部)

高校卒業後、それぞれの目標を持って「大学サッカー」へとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?進学先を選ぶ際の参考にしよう!

伝統のヘディングと素早いサイド攻撃が自慢

吉岡雅和
駒澤大学 経営学部 3年/MF
所属リーグ:関東大学サッカーリーグ1部
出身校:長崎総合科学大学付属高校
プレーの特徴:豊富な運動量

関東大学サッカーリーグでプレーしてみたかった

入学のきっかけは、大学サッカーを牽引してきた関東大学サッカーリーグでプレーしてみたかったという点と、出身校の指導者の方から駒澤大学を勧められ、進学を決めました。

今まで経験したことのない高いレベルで練習ができる

今まで経験したことのない高いレベルで練習ができ、日々の練習も充実しています。駒澤大学伝統のヘディングと素早いサイド攻撃は自慢できます。

目標はリーグ戦で2桁得点

自分は体が小さいので、その差を補うために人の倍走り、パス・シュートともにミスの回数を少なくすることが課題です。
目標は、リーグ戦で2桁得点することです。

高校サッカーとの違いはフィジカルとスピード

フィジカルとスピードは全然違います。今まで通用していたものが全く通用しなくなり悩みました。どの選手も体格が良く高校サッカーでは感じることが出来ないことだと思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

自分の高校は走り込みが多く、高校時代には嫌々走っていました。
でも、今考えると、あの時に走っていたからこそ今の自分のプレーが確立されたのだと思います。なので、今はきついと思っていることを前向きに取り組んでください。

1日の流れ

8:00 ⇒ 起床
8:00-8:30 ⇒ 朝食
8:30-9:00 ⇒ 自転車で学校へ
9:00-15:30 ⇒ 講義
15:30-19:00 ⇒ 練習
19:00-20:00 ⇒ 自主練
20:00-20:45 ⇒ 夕食
20:45- ⇒ 自由時間・就寝