メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ 藤原奏哉(阪南大学)

高校卒業後、それぞれの目標を持って「大学サッカー」へとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?進学先を選ぶ際の参考にしよう!

藤原奏哉
阪南大学 流通学部 4年/MF
所属リーグ:関西学生リーグ
出身校:ルーテル学院高校
チームの黒子として攻守の鍵を握る

今の大学を選んだ理由

最初は高校の先輩がいたので本校を知りました。
そのあと色々調べると大学サッカー屈指の強豪校だと知り選びました。実際入ってみると高校の時には味わえなかったプレースピードの違いや技術の高さに驚きました。
人数が多くカテゴリーが多いのでどこに所属していても試合に出れるところが良い所だと思います。

大学に入って取り組んだこと

トラップや球際のところで足先でいってしまうことが多かったので、身体の軸から動く事を練習などで意識して取り組みました。

自分の今の課題・目標

自分の課題は攻撃面での相手の裏をかくようなプレーができないので、普段の練習から相手をよくみて目線や体の向きに気をつけています。

高校サッカー(クラブユース)になくて、大学サッカーにあるもの

高校では生活面などの指導を寮などでよく受けていましたが、大学では寮の管理なども自分達で行なっているので、ある程度自由が与えられた中でどう過ごしていくかが重要だと思います。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校で悔しい思いをしたり、まだ諦めきれない気持ちがあるのなら、大学という選択をすると良いと思います。何をするにも自分次第なので後悔はしないようにしてほしいです。

1日の流れ

08:00 ⇒ 起床・朝食
08:30-9:00 ⇒ 準備
09:00-15:15 ⇒ 授業
15:15-18:15 ⇒ 練習
18:45-20:00 ⇒ 夕食
20:00-23:30 ⇒ 自由時間
23:30 ⇒ 就寝