メインコンテンツに移動
立命館大学 宮島裕選手

【大学サッカーのすゝめ 2020】vol.17 立命館大学 宮島裕選手

高校卒業後、それぞれの目標を持って大学サッカーへとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介する「大学サッカーのすゝめ」。今年も関東一部二部、関西一部、計36校・60名の選手を紹介していきます。
今回紹介するのは、立命館大学体育会サッカー部宮島裕選手。進学先を選ぶ際の参考にしてみてください!

立命館大学 宮島裕選手

宮島裕

MF 宮島 裕(ミヤジマ ユウ)

  • 1999年5月14日生まれ
  • 立命館大学 総合心理学部 
    総合心理学科 3年
  • 出身チーム
  • 小学生年代 
    名古屋グランパス
  • 中学生年代 
    名古屋グランパスジュニアユース(栄中学校)
  • 高校生年代 
    名古屋グランパスユース(中京大学附属中京高校)
  • FAVORITE PLAYER
  • フィリップ・ラーム

大学ではチーム内の競争意識が成長の源

―立命館大学、立命館大学体育会サッカー部を選んだ理由は?

9年間同じクラブでサッカーをしてきたため、ある程度自分の中でプレーが固まってしまっている部分がありました。立命館サッカー部では、これまで培ってきた自分の個性を生かしながらも新たなプレーを探し、成長していけると感じたため入部を決めました。

―大学サッカーに進んで良かったことは?

チーム内での強い競争意識を感じることが出来たことです。ユースでは限られた少人数で活動していましたが、大学では100人以上の大きな集団で活動しています。そのため、これまで以上に仲間とお互いを意識し、競い合うことが出来ています。結果として、自分の目指すべきものが明確になりました。

一人暮らしの学生にありがたい「アスリート食」

―サッカー部の自慢、おすすめポイントは?

大学に進んで良かったことと重なりますが、サッカー部内での競争意識が自慢できるポイントです。お互いに意識し合うことは、自分で何か行動を起こすことにも繋がっていると強く感じます。サッカー部での日々の活動が、自分自身の成長や仲間の支えにもなっていると思います。

―大学の自慢、おすすめポイントは?

学食のアスリート食が自慢できるポイントです。アスリート食とは、大学の栄養士の方が栄養や量のバランスを考えて作ってくれる食事のことです。これを練習後すぐに食べることができるのは、一人暮らしの多い大学生にとってはありがたいですよね。自炊をするのが大変だと思っている人には特におすすめです。

大学ではどんな人と関わり、活動していくのかが重要

―最後に、現役高校生に向けてメッセージと大学PRをお願いします!

私は大学生活では自分がどんなことがしたいのかよりも、自分がどの集団や人と関わり、活動をしていくかの方が重要だと感じています。立命館大学は人との関わりを大切にしている大学。ぜひ立命館大学で、自分にとって大きな価値のある時間を過ごして欲しいです。

宮島裕

高校時代の自分にメッセージやアドバイスを送るとしたら?

大学に進学してサッカーを続ける宮島選手に、高校時代の自分へのメッセージを聞いてみました。
現役高校生は、今の自分と照らし合わせて参考にしてみてください。

サッカー面
失敗することに対して恐れないことが大切だと大学で強く感じている。もっと自分にできることを増やすためにも、チャレンジするようなプレーをしていこう。そして何度も諦めずに繰り返すことが重要。

生活・勉強面
生活面や勉強面ではやることはやってきたと感じている。ただ苦手な英語をもっと勉強しておくことは大切なことだと思う。自分が少しでも避けてきたことに意識を向けてして生活してほしい。

進路準備Q&A
大学を決めるのに何校調べた? 5校
大学選びはいつ頃から準備した? 高校3年生の8月ごろ

大学サッカープレーヤーの生活に迫る!

大学でサッカーを続けている選手たちは、どんな生活を送っているの?気になるあれこれを聞いてみました。

生活スタイル

住まいは? 一人暮らし
通学は? 電車で40分
起床時間は? 8時
就寝時間は? 24時
オフの過ごし方 グルメ旅、睡眠

サッカー部について

練習時間は? 授業後(放課後)
アルバイトは? なし
大学サッカーが気になったら…

協力/JUFA関西