メインコンテンツに移動

【大学サッカーのすゝめ 特別編】「学生連盟」としてサッカーに関わること(関西編#2)

日本代表選手やJリーガーを多数輩出してきた「大学サッカー」。大学サッカーについて、みなさんはどれくらい知っていますか?
年末年始にTVでも放送される「全国高校サッカー選手権」で活躍した多くの選手は、大学へ進学し、高校サッカーから大学サッカーへステップアップしていきます。実は大学サッカーでは、毎週末に行われるリーグ戦をはじめとして、試合運営や企画も大学生が中心となって行っています。

大学サッカーを舞台に活躍する選手を紹介してきた「大学サッカーのすゝめ」の特別編として、大学サッカーを裏から支える「学生連盟(学連)」に注目。
今回紹介するのは、関西学生サッカー連盟で準幹事長を務める西井玲美さん(びわこ成蹊スポーツ大学)です。関西学生サッカーリーグの魅力とは?学連での活動を通して学んだことは?
「サッカーに関わること」の選択肢として、ぜひ参考にしてみてください!

※関西学生サッカー連盟では現役サッカー部員で構成する「学生幹事」と、一般公募の「準幹事」で学生役員を構成しています。

西井玲美さん

準幹事長

西井 玲美(ニシイ レミ)

びわこ成蹊スポーツ大学 スポーツ学部 スポーツ学科
(守山北高校出身)

大学サッカーファンを増やすために奮闘中

まずは、準幹事の業務内容から教えてください。

主な業務は試合の運営です。事前の準備はもちろん、当日は受付や会場放送を担当しています。それ以外の通常時の業務では、ファンクラブの管理なども行っています。

学連にはどういった大学生がいますか?

やはり何らかのかたちでサッカーに関わってきた人や、サッカーが好きな人が多いですね。あとは、選手だったけれど裏方に魅力を感じて学連に入る人もいます。

「大学サッカーの魅力」を伝えるためにしている活動は?

ファンクラブでの広報活動ですね。関西学生サッカー連盟には「関西学生サッカーファンクラブ」というものがあるのですが、会報誌の作成などを行っています。大学サッカーファンを増やすためにも、より魅力的なコンテンツになるよう奮闘中です。

今の高校生に伝えたい、大学サッカーの注目してほしいポイントや魅力は?

設備が整っている会場だと、スタジアムアナウンスや電光表示があるところですね。高校サッカーの会場よりもよりプロに近い雰囲気が味わえると思います!

たくさんの人の協力があって試合が成り立つ

学連に所属したきっかけは?

高校ではサッカー部のマネージャーをしていたのですが、その時の監督に学連のことを教えてもらったのがきっかけです。今もサッカー部のマネージャーをしているので、表に立つ人をサポートしたり支える立場が好きなのかもしれません。

学連の活動で印象的なエピソードや、学んだことはありますか?

試合を行っている選手だけではなく、試合運営を行う学連、審判の方々などたくさんの人の協力がある上ではじめて試合が成立することに気がつきました。

学連の先輩方はどんな職業に就くことが多いですか?

サッカーが好きな方たちが多いので、卒業後もいろんなかたちでサッカーに関わっていらっしゃる先輩が多いです。共通して仰っているのは、学連でしていた業務が社会人になって活かせているということ。学連では、パソコンを使った処理作業も多々あるので。また、毎週の試合運営も振り返るといい経験になったと感じるそうなので、私も頑張っています。

最後に現役の高校生へメッセージをお願いします。

選択肢がいくつかあって悩んだときは、自分が本当にしたいことをできるだけ優先してみてください。そして、その選択が最後に良かったと言えるものになるよう、全力で取り組んでみてほしいですね。

ある1週間のスケジュール

月曜日
火曜日
学校
卒論に取り組んでいます…!
水曜日 試合準備・幹事会
木曜日 アルバイト
金曜日 サッカー部の活動・授業
土曜日
日曜日
試合運営

「学連」に興味が沸いた大学生、進学を控える高校生へ
関西学生サッカー連盟では準幹事を募集しています。
詳細は関西学生サッカー連盟公式HPをご覧ください。