メインコンテンツに移動

大学サッカーのすゝめ 竹下玲王(関西大学)

高校卒業後、それぞれの目標を持って「大学サッカー」へとチャレンジし続ける大学生プレーヤーを紹介します。
進学するうえで大学をどのように選び、実際どのような環境でサッカーをしているのか、また「高校サッカー」との違いは?進学先を選ぶ際の参考にしよう!

竹下玲王
関西大学 社会学部 4年/FW
所属リーグ:関西学生リーグ1部
出身校:ジュビロ磐田U‐18
裏への飛び出し、前への推進力

今の大学を選んだ理由

関西学生リーグ1部で上位争いをしている大学だったので、自分を成長させることができると思ったからです。サッカーはもちろんのこと、それ以外でも高い基準で活動していてサッカー選手としてだけでなく、人間としても成長できると感じました。自慢できるところは一体感。ピッチの中だけでなく、ベンチ、スタンド全員で一体感をもって戦えるところです。

大学に入って取り組んだこと

自分と向き合って自分の弱みと強みを理解し何をすべきなのかを自分なりに考えて練習や試合に取り組みました。様々なことにチャレンジする中で、自分に合っているトレーニングや休息のタイミングなどを知ることができました。

自分の今の課題・目標

今の自分の課題は、シュートパターンが少ないことです。どこからでも得点ができるようなFWにならなければプロのステージでもステップアップしていけないと思うので、しっかりと課題に取り組みたいと思っています。サッカー選手としても人としても魅力のある人間になりたいですね。

高校サッカー(クラブユース)になくて、大学サッカーにあるもの

主体性。高校ではサッカーだけをやっていれば良かったですが、大学ではチーム運営などピッチ外の面で自分たちで考えて行動し、チーム作っていくことが大切になってきます。また、どのようにすればチームは強くなるのかや、どのようにすれば勝てるのかを選手中心に考えることが重要になります。

高校サッカープレーヤーへのメッセージ

高校時代一日一日の練習を意識高く取り組んでいるつもりでも、自分が知らぬ間に手を抜いていたり、無自覚で意識が低くなっていることがあります。常に「自分はこのままでいいのか」と自問自答しながら後悔がないように高校時代を過ごしてほしいです。

1日の流れ

05:30 ⇒ 起床
06:00-06:15 ⇒ 朝食
06:15-06:45 ⇒ 準備・移動
06:45-07:00 ⇒ アップ
07:00-09:30 ⇒ 練習
09:30-10:30 ⇒ 自主練習
10:45-12:00 ⇒ ゼミ
12:00-13:15 ⇒ 昼食
14:00-16:30 ⇒ 自主トレ
16:45-18:00 ⇒ ケア
18:30-19:00 ⇒ 帰宅
19:00-20:00 ⇒ 夕食
20:00-22:30 ⇒ 自由時間
22:30 ⇒ 就寝