トレーニング

2015年04月28日

試合前から気持ちで負けているときは

こんにちは。OKラインメンタルトレーナーの清水です。
「気持ちで負けるな!」サッカーの試合ではよく聞くフレーズで、僕もプレーヤーだった頃はよくコーチに言われていました。

上手い相手に対して、気持ちを出して戦いますが、結局勝てません。
気持ちでカバーできるところは自分の実力を発揮するところまでではないかと考えていますが、それ以上を求めるような声かけで子どもたちはどのような考え方を持つようになるでしょうか?

人間が素直な感情に対し、それをコントロールするような意識を持つことは誰にでも経験があるとは思います。
「弱気なときに、強気になろう。」「やる気がないのに、やる気になろう。」などが良い例。
こんな時、「弱気になるな」という声かけは、お勧めできません。言われた側は自然と出てきた感情を否定したくなり、無理やり強気になるように頑張るでしょう。

しかしこのように「強気になろう」と意識的にやってみようと思っても行動に影響する確率は10%以下と言われています。
結果的に自分が思い描いたようにならず、お子様自身もストレスを感じながらサッカーをするため、パフォーマンスは下がってしまいます。

感情ではなく行動を評価しよう!

やる前から気持ちが弱気になっていることは悪いことではありません。
ポイントは弱気なことを評価するのではなく、弱気でした行動を評価してあげること。

結果的にプレーで示すことができたら弱気であっても問題はありません。
ぜひ弱気なお子様に対しては、弱気でいる事を評価するのではなく弱気で何ができたのか、行動を評価してあげてください。
そうすることで、「弱気な自分でもできる」という自分自身の自信を付け加えていくことができます。

将来、やりたくないことをしなければならないときが来るかもしれません。
そんな時のためにも、気持ちが乗らなくてもできる自分を作ることは大切な作業になるのではないでしょうか。

清水利生

PROFILE● 元プロフットサル選手。引退後、メンタルトレーナーに転身、株式会社リコレクトに在籍し、アスリートやビジネスマン、子どものメンタルトレーニングを行う。また、丸の内朝大学「心理メソッドクラス」やスポーツチームへの講習の他、リコレクトメンタルスクールでは幅広く講座を担当。
学びカフェでも講師として活躍中!!
OKラインメンタルトレーニング
OKラインメンタルトレーニング

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

エールプロジェクト公式WEBサイトのススメ!!新着レポート

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • サカママワーキングスタイル
  • 4SILO
  • スタッフ募集
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • くもんの先生 説明会はこちら

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.22 2017 SUMMER ISSUE (2017年7月発行)

自立するための第一歩 夏の合宿を 成長につなげよう。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP