トレーニング

2017年08月09日

試合を途中で諦めてしまう。そんな時にできるサポート方法!

こんにちは。okラインメンタルトレーナーの清水利生です。

夏も本番で暑さが厳しい時期になってきました。
こんな暑い夏になると小学生の頃にコーチに怒られたことをよく思い出します。
私は小学生の頃、サッカーの試合でふてってしまい試合を途中で投げ出すしまうということがありました。
後から考えると最後までしっかりとプレイした方が自分のためにもよかったんじゃないかなと思いますが、その頃は途中で諦めてしまう事ばかり。自分が良いプレーができず自分のプレーにイライラすることが多かったのを思い出します。

その頃の私は、以前のコラムにも書いたようにOKラインが高く設定され、自分への期待値が高すぎるために、自分のプレーに納得ができずイライラしてしまっていたなぁと感じます。

そんなとき『もう嫌だな』『帰りたいな』と試合を途中で諦めて投げ出してしまっていました。

このように途中で投げ出すと言う行為は、『楽になるためにしてる行為』ということができます。

「最後まで諦めないで頑張りなさい」と言った声かけをしてもなかなか効果的ではないことが多いのではないでしょうか?

嫌な感情を手放したいがためにあきらめると言う行為に出る

人は不快な状態で居続ける事を本能的に避けたくなります。
苦しいなぁと思うことや嫌だなと思うことをずっとやり続けると言われてもなかなか長続きしません。
これは苦しいという感情を持ち続ける事に我慢ができなくなり早く手放したくなり、その手段として、行動自体を止めると言う行為に出ます。
諦めることで嫌な感情を感じなくなりますので楽になることができます。

自分のプレーができず「こんなはずじゃない」と悔しい思いや苦しい思いをしている状態で長い時間居続けられるかというとなかなか難しいかもしれません。
しかしスポーツではこのような場面は多々あります。サッカーでは一つのプレーで流れが変わることもあるため、しっかりと最後まで自分の実力を発揮し続ける事でチャンスを広げることも可能です。

では不快な感情を持ち続けるためにはどんな気持ちの整理方法が必要なのでしょうか。

試合前に試合で味わいたくない嫌な感情をチェックする

試合の前には目標を立てたりイメージを膨らませたりプレーのことを考える時間が長くなると思います。

しかしプレーの面ばかりではなく感情の部分でも試合の準備をすることをお勧めします。

ここでママたちにサポートしてほしいのは試合中にこんな感情を味わいたくないと言うお子様が避けたい感情を聞き出し、書き出してもらうこと。

そうすることで試合中に訪れる嫌な感情もあらかじめ想定することができます。

例えば、自分が思っているもプレーができなかった場合、がっかりするだろう。
そんなふうに感情の準備をしておくことで「がっかりする」感情も想定内の出来事になります。
さらにがっかりしたときには、「OKラインを下げ最後まで一生懸命プレーをする。」など行動を明確にしておくことでプレーを最後まで続けることができるようになります。
大切なのは味わいたくない感情を味わっても最後まで諦めずにプレイを続けること。その積み重ねで諦めないメンタリティを養うことができます。

そのためには感情を手放すようにプレイを止めてしまうのではなく、嫌な感情を味わったとしても行動が起続けられる作戦を作っておくことが効果的。
常に嫌な感情を想定内に入れ、いざその感情を味わっても行動を止めない準備をして起きましょう。

試合前にできるメンタルトレーニングで、お子様のチャンスを広げるサポートをしてみてください。

清水利生

PROFILE●

元プロフットサル選手。引退後、メンタルトレーナーに転身。現在は株式 会社リコレクトに在籍し、プロアスリートや、ジュニアのメンタルトレーニングを行う。
また、丸の内朝大学「心理メソッドクラス」やリコレクトメンタルスクールでは講師を担当。
<サポートチーム>
フウガドールすみだ(Fリーグ) 2014~現在
TOYOTA自動車ヴェルブリッツ(ラグビートップリーグ) 2015~現在
TOYOTA自動車スケート部ショートトラック 2016~現在

OKラインメンタルトレーニング
OKラインメンタルトレーニング

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP