トレーニング

2017年03月14日

落ち込まないで切り替えよう!はNGワード?

こんにちは。OKラインメンタルトレーナーの清水利生です。

よく、落ち込んだ時にどう声をかけたら良いか困ってしまう。
くよくよしている息子に強くなって欲しい。
そんなご相談を受けることがあります。

将来的には壁にぶつかっても乗り越えていけるような強い子に育っていって欲しい。そんな気持ちが出ることは当たり前かもしれません。

スポーツはもちろん、受験や、就職など、乗り越えていかないといけない様々な場面がでてきます。
そんな時、なりたい自分の姿に向け戦えるのは親ではなくお子様ご本人。
できる限り強くなってもらいたいですよね。

私がメンタルサポートをする時に心がけていることは、失敗しないことがゴールにならないことです。
うまくいかなかった時、試合でミスをしてしまった時、その場で前向きにいることが将来的に壁を乗り越えられることに繋がるわけではありません。
逆に無理な前向き思考は本人にとって問題を引き起こしてしまいます。

切り替えろ!のデメリット

私は子どもの頃試合に負けた後にコーチから、「下を向いていないで切り替えて前向きに!」そんな声をよくかけられてきました。
確かにいつまでも下を向いていたら前へ進めません。しかし、すぐに切り替えてしまうことで結果を受け入れることから逃げることになっていたとも感じます。
現在、メンタルトレーナーになり、結果が出ず落ち込んでいる選手には、まずは気がすむまで落ち込んでもらっています。
失敗を受け入れる時間をとるということです。
時にはその気持ちを2.3日引きずってしまうこともあるでしょう。
しかし、その失敗が起こったことに対しての「悔しい」「情けない」などの感情をしっかりと味わっていくことで次にどうしたいかという気持ちが芽生え、目標設定も自分自身できるようになっていきます。

「すぐに切り替えろ!」のデメリットは現実を受け入れることから逃げてしまい、その失敗がなかったことのように扱われてしまうことで、本人の経験値にならなくなってしまうことなのです。

子どものころから失敗したという現実を受け入れ、感情で味わい、次にどうするかという自己分析をできるようにすることで、壁にぶつかった時に乗り越えられる気持ちの整理上手になっていくのではないでしょうか。

ぜひ、一緒に落ち込む時間を作ってみてください。

清水利生

PROFILE●

元プロフットサル選手。引退後、メンタルトレーナーに転身。現在は株式 会社リコレクトに在籍し、プロアスリートや、ジュニアのメンタルトレーニングを行う。
また、丸の内朝大学「心理メソッドクラス」やリコレクトメンタルスクールでは講師を担当。
<サポートチーム>
フウガドールすみだ(Fリーグ) 2014~現在
TOYOTA自動車ヴェルブリッツ(ラグビートップリーグ) 2015~現在
TOYOTA自動車スケート部ショートトラック 2016~現在

OKラインメンタルトレーニング
OKラインメンタルトレーニング

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • マスターカード
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.20 2016 WINTER ISSUE (2016年12月発行)

今年の冬も注目しよう!第40回全日本少年サッカー大会。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP