トレーニング

2016年12月13日

リフティングをうまくするための声掛け方法

小学生のサッカーの練習で良く行われるのかリフティングの練習。私も小学生や中学生の頃はよく練習で取り組んでいました。

できる回数が増え、楽しいと感じているときは何時間も練習できた時もありますが、なかなか回数が増えないとすぐに飽きてしまうことがありました。
上手くなりたいんだけれども練習に意欲がなくなってしまう息子にイライラしてしまうという声をよく聞きます。

「練習しないからうまくならないんだよ」と声をかけても、すぐにやめてしまうという状況にイライラするという声は現場でよく相談されることのひとつ。
今回はそんなときにリフティングをうまくなるようサポートできるような声掛け方法をお伝えします。

リフティングにやる気がなくなってしまう時のメンタル状況は?

リフティングに対しやる気がなくなってしまう時のメカニズムを説明します。
多くの子どもたちに話を聞いた傾向として多い事例がこちらです

  • リフティングに対し「うまくできない…」という感覚を味わう
  • 自信を失う
  • 練習へのやる気がなくなる
  • 練習をやめてしまう

このような気持ちの変化が起こり、練習に対し意欲がなくなってしまうのです。
根本の原因は、「できない」をたくさん味わうこと。誰しも自信を失っているものに意欲的になれるかというとなかなか難しいもの。
このような状況で「頑張りなさい」「前向きに取り組みなさい」と声をかけても、効果的な声掛けとは言えません。

そもそもこのやる気に影響を与える自信はどのように失うことが多いのでしょうか?
私が現場で感じている自信を失う原因は次の3つがあげられます。

⒈友達と比べて自信を失う

チームメイトが自分よりも回数ができていないと「友達よりもできていない」と、自信を失います。

⒉自分が思い描いていたよりもできなくて自信を失う

自分がこのくらいできるだろうと予想していたよりも「できない」という状況になると自信を失います。

⒊みんなの前でうまくできない

一人で練習しているときはうまくできているのに、練習でみんなの前でリフティングをするとうまくできなくなってしまい自信を失う。

以上の3点が自信を失う原因としてあげられます。

結果が出ていても「周りの人のがうまいから」とダメなところにばかりに目が行ってしまうと自信はつきません。
結果が出れば自信がつくのではなく、自信がつくから結果が出しやすくなるのです。
ですので、今回のように自信を失い、やる気が低下しているお子様へは自信を先行して積み上げていくことが解決策となります。

自信を積み上げやる気を育てる

自分に自信があるときを思い浮かべてみてください。
自信があるものへは、やる気も自然とわいてきます。
一回のミスの感じ方も、自信がないときのミスとは大きく感じ方が違うでしょう。ミスをしても、またチャレンジしようと思える人が多いです。
そのため、常に行動が起こしやすい状況になります。このように、自信はやる気を育てるのには必要なもの。

自信を積み上げるための効果的な声掛け方法3つをピックアップしてみました。

⒈自信を失っているときは他人と比べるのをやめる

「ほかの子はこれくらいできているよ」このように他人を意識した声掛けではなく「昨日の自分から成長したか?」というように比べる基準をお子様自身に向けることが大切です。
そうすることで、小さな成長も実感することができ、「できた」という感覚を味わうことができます。

⒉練習後に「できたこと」「できなかったこと」を聞く

自信を失っている子は悪い処ばかりが気になるという状況に陥ります。
練習後などに今日はどんな良いところがあった?と細かい部分まで聞いてみる会話をしていくことで、良かった部分にも目を向けてもらうことに繋がります。
自分のできていることは自信に、できていないことは、修正するという意識で話しかけると自信につながりやすいです。

⒊小さな成長をほめる

見落としがちな小さな成長をほめていくことで、お子様自身も「できている」という認識を持ちやすくなり自信につながります。
会話の中で意識的に褒めるところを探してみましょう。

行動を起こすための原動力はやる気。
やる気が起きなければいくら「やろう」と考えていても行動に移すことは難しくなってしまうのです。
今回書いていったようにやる気と自信は大きく関連しています。まずは自信を先行して作っていき、やる気を育てていってもらえると練習もし続けていくことができるようになります。
練習量が増えると結果もついてきやすくなるでしょう。

特にリフティングは飽きやすいですし、自信も失いやすいものです。まずは、お子様との会話を大切にしながら、自信を作っていくことをお勧めします。

清水利生

PROFILE●

元プロフットサル選手。引退後、メンタルトレーナーに転身。現在は株式 会社リコレクトに在籍し、プロアスリートや、ジュニアのメンタルトレーニングを行う。
また、丸の内朝大学「心理メソッドクラス」やリコレクトメンタルスクールでは講師を担当。
<サポートチーム>
フウガドールすみだ(Fリーグ) 2014~現在
TOYOTA自動車ヴェルブリッツ(ラグビートップリーグ) 2015~現在
TOYOTA自動車スケート部ショートトラック 2016~現在

OKラインメンタルトレーニング
OKラインメンタルトレーニング

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • マスターカード
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.20 2016 WINTER ISSUE (2016年12月発行)

今年の冬も注目しよう!第40回全日本少年サッカー大会。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP