トレーニング

2014年11月25日

緊張しているお子様へどんな声掛けをしていますか?

本番で緊張し、自分の力が発揮できない子供たちは多いです。
僕もそのうちの一人で、小学生の頃サッカーの試合前に、コーチに「緊張してたら良いプレーができないぞ!」こんな声掛けをされたのを覚えています。このような声掛けをすると「緊張したらダメだ」と考えるようになり、緊張している事が「悪いこと」と評価するようになりました。「緊張している自分はダメだ…緊張をなくさないと。」このように考え始めてしまうと、結局いつものプレーは失敗ばかりでした。

緊張したときの声かけ
緊張したときの声かけ

前向き思考の弊害

緊張が悪いものとしてしまうと、どうしても緊張していない前向きな自分を作って試合をしたくなってしまいます。
しかしこの緊張している時の、前向き思考こそパフォーマンスが下がる原因なのです。
人間は「緊張」を「前向きになろう」で抑えつけようとすると脳にストレスがかかります。脳にストレスがかかった状態ではいつもできることができなくなってしまうのです。

緊張は消そうと思って消せるものではないので、「緊張している」ときは「緊張するよね」と緊張していることを一緒に受け入れてあげることが一番の対策。


緊張をしたまま行動を起こしていくことで「緊張してもいつものように行動を起こせる」という自信を作っていくことができるのです。

清水利生

PROFILE● 元プロフットサル選手。引退後、メンタルトレーナーに転身、株式会社リコレクトに在籍し、アスリートやビジネスマン、子どものメンタルトレーニングを行う。また、丸の内朝大学「心理メソッドクラス」やスポーツチームへの講習の他、リコレクトメンタルスクールでは幅広く講座を担当。
学びカフェでも講師として活躍中!!
OKラインメンタルトレーニング
OKラインメンタルトレーニング

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP