トレーニング

2016年07月05日

継続力は準備力

目標に向かって努力をすることの大切さはこれまでに何度も伝えてきました。
今回は、努力することよりはるかに難しい、「努力し続けること」について考えてみたいと思います。

「継続」することは何より難しいことです。僕自身、小中高、そしてプロ生活の中で身をもって感じました。

僕の恩師は、プロとは「追求」と「継続」。これがすべてだと、いつも言われていました。確かにそうでした。

技術、体力、戦術、精神力。すべてにおいて飽くなき探究心で細部にこだわりを持ち、決して満足することなく、さらなる高みを目指し続ける旅です。
ただ、それはプロの世界の厳しさがあるからこそ自然と作られていく環境であったりもします。

ならば子どもの頃から「努力し続ける力」を身につけるにはどうしたらよいのか。
まず一つは、小さな事からでも自分で決めたことを毎日続けることです。
早起きしてのランニング、毎日腹筋50回、お風呂上がりのストレッチ、何でもいいです。
そして、それが自分のプレー、成長においてどう生きるのか考えることが大事です。
今やっていることが本当に、今の自分に必要な努力なのか。もっと優先的にやるべき努力がないか。

何か一つ行動を起こすことで色々なことを考えられるようになると思います。
そして次に、その努力を続けていった先にどんな自分がいるのか、しっかりとイメージをすることです。

足が速くなった自分、体が強くなりボールが奪われなくなった自分、柔軟性を身につけプレーの幅が広がった自分。
努力を続けることによってもたらされる効果をイメージすることで今の自分の努力を信じられるようになります。

そして最後に、ピッチ上でつねに最高の自分を見せたい!と強く思うことです。
良いプレーを見せるためには良い準備が必要です。最高のプレーをするためには最高の準備が必要です。

しかし、チャンスはいつやってくるかわかりません。

チャンスをつかむ選手は、つねに準備ができている選手です。準備ができていない選手にチャンスをつかむことはできません。
つねに自分にあらゆるチャンスが訪れることを考え、準備すること。
これが努力を継続するための一番の方法、心構えかもしれません。
明日、先発で使われるかもしれない。後半、一回だけ自分にシュートチャンスが訪れるかもしれない。

そのチャンスに結果を出すための準備をしていくことこそが自然と「努力し続ける力」になるのだと思います。

野田恭平

PROFILE● 1981年、神奈川県生まれ。サッカー親子講師。東京V、琉球、岐阜などでゴールキーパーとして活躍。現在は、全国のサッカー少年と保護者を対象に親子向けの親子イベントを開催し、「スポーツを通した人間育成」と「子どもの可能性を最大限に引き出す親のサポートの在り方」をテーマに講演活動を展開。また、JFAこころのプロジェクトのメンバーとして、「夢を持つことの大切さ」と「夢に向かって努力することの大切さ」を子どもたちに伝える活動を行なっている。サッカー少年を育てるママの悩みに真剣に向き合い、絶大な信頼を得ている。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP