レシピ

2015年08月05日

食欲のないときの栄養補給に☆じゃがいもの冷製ポタージュ

糖質、ビタミンC、カリウムなどが豊富なじゃがいもを使った冷たいポタージュです。
夏野菜のジュレを添えて、より涼しげに、そして彩りとビタミンもプラス!

材料 2人分

じゃがいも
2個
たまねぎ
1/2個
200cc
牛乳
200cc
オリーブ油
大さじ1
塩・こしょう
 
▼夏野菜ジュレ▼
 
だし汁
200cc
みりん・しょうゆ・塩
 
トマト・オクラ・パプリカ等
適量
粉ゼラチン
5g

作り方

  • 1 じゃがいもは皮をむきいちょう切りに、玉葱は薄切りにする。鍋にオリーブ油を熱し、玉葱、じゃがいもをいれ、塩をして、焦がさないようにじっくりといためる。
    透き通るようになったら、水を加えてじゃがいもに火が通るように煮る。粗熱をとってミキサーにかけ冷蔵庫で冷やす。
  • 2 夏野菜ジュレをつくる。だし汁をあたため、みりん小さじ1、しょうゆ小さじ1、塩少々で味をつけて、カットしたトマト、パプリカ、オクラを入れ最後にゼラチンふりいれて混ぜてとかす。
    冷蔵庫で固まるまで冷やす。
  • 3 に、冷たい牛乳を加え全体を混ぜ、塩・こしょうで味をととのえる。器に盛って、夏野菜ジュレを上に添えて一緒にいただきます。

ポイント

本当に食欲がないときにでも食べられます。
栄養価も高く、口あたりもよいので、少し手間がかかりますが、夏バテしていて食べられないときにいかがでしょうか。
じゃがいものビタミンCは加熱しても、壊れにくい特長があります。夏野菜ジュレがなくてもおいしく召し上がれます。

三木れいこ

PROFILE● フードコーディネーター・ジュニアアスリートフードマイスター・食生活指導士 高校生と中学生の部活サッカー男子を持つサカママです。身体と心が元気になる、季節感のあるシンプルレシピをご紹介しています。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP