ニュース

2015年10月02日

第39回全日本少年サッカー大会 大会要項

第39回全日本少年サッカー大会 大会要項

趣旨
日本の将来を担う子どもたちのサッカーへの興味・関心を深め、サッカーの技術・理解を向上させると同時に、サッカーを通じて心身を鍛え、リスペクトの精神を養い、クリエイティブでたくましい人間の育成を目指し、その研修の場として本大会を開催する。将来に向けて大きく成長するための準備として、この年代にふさわしいゲーム環境を提供することにより、育成年代で年代に応じた豊かな経験を積み重ねる中で自ら成長していくことのできるようサポートする。子どもたちや周囲の大人が、サッカー、スポーツの素晴らしさに触れ、生涯にわたって楽しみ、関わっていけるよう、文化として醸成していくことを目指す。
名称
第39回全日本少年サッカー大会 決勝大会
主催
公益財団法人日本サッカー協会
公益財団法人日本体育協会 日本スポーツ少年団
読売新聞社
主管
一般社団法人鹿児島県サッカー協会
後援
文部科学省・日本テレビ放送網・報知新聞社(予定)・鹿児島市
特別協賛
YKK・花王
協賛
日本マクドナルド・コカ・コーラ・日清オイリオグループ・ゼビオ・ゆうちょ銀行・ベネッセコーポレーション
期日
12月25日(金) 開会式
12月26日(土) 1次ラウンド第1戦・第2戦
12月27日(日) 1次ラウンド第3戦・ラウンド16
12月28日(月) 準々決勝・準決勝
12月29日(火) 決勝
会場
開会式
鹿児島市民文化ホール(鹿児島県鹿児島市)

1次ラウンド・ラウンド16
鹿児島ふれあいスポーツランド(鹿児島県鹿児島市)

準々決勝
鹿児島県立鴨池補助競技場(鹿児島県鹿児島市)

準決勝・決勝
鹿児島県立鴨池陸上競技場(鹿児島県鹿児島市)
参加資格
(1) 「参加チーム」は、大会実施年度に日本サッカー協会(以下「本協会」)第4種に加盟登録したチ-ム(以下「加盟チーム」)であること(準加盟チ-ムを含む)
(2) 上記「参加チーム」の構成は、単一「加盟チーム」に限られ、その「加盟チーム」は年間を通じて継続的に活動していること。
(3) 「参加選手」は、上記「加盟チ-ム」に所属する選手であること。
(4) 都道府県大会から決勝大会に至るまでに、同一「参加選手」が異なる「加盟チーム」への移籍後、再び参加することはできない。
(5) 女子選手については、(クラブ申請を承認された)同一クラブ内の他の「加盟チーム」から参加させることも可能とする。
(6) 「参加チーム」及び「参加選手」は、都道府県大会で優勝したチーム・選手とする。当該チームの都道府県大会への登録選手数が16名に満たない場合は、「加盟チーム」内の選手から補充することができる。
(7) 「参加チーム」はU-12リーグに参加していること。
(8) 引率指導者は「参加チーム」を掌握指導する責任ある指導者であること。また、内1名以上が本協会公認コーチ資格(D級コーチ以上)を有すること。
(9) 「参加選手」は健康であり、且つ保護者の同意を得ること。
参加チームとその数
参加チームは、以下により選出された48チームにて行う。
(1) 都道府県代表として各1チーム 計47チーム
(2) 前年度優勝チーム枠として1チーム(第38回大会優勝チーム都道府県:大阪府)
大会形式
(1) 1次ラウンド:出場48チームを4チームごとの12グループに分けリーグ戦を行う。なお、前年度優勝チーム枠による同都道府県出場チーム同士は、同グループでは対戦しない。
(2) 1次ラウンドにおける順位の決定方法は、勝利3点、引分1点、敗戦0点の勝点により、勝点の多い順に決定する。なお、勝点の合計が同一の場合は、以下の項目に従い順位を決定する。
①全試合の得失点差(総得点-総失点)
②全試合の総得点
③当該チーム同士の対戦成績(勝敗)
④①~③の全項目において同一の場合は、抽選により決定する。
(3) また、1次ラウンドの各グループ2位チームのうち、決勝ラウンドに進出する4チームは、以下の順序により決定する。
①グループ内での勝点合計
②グループ内での得失点差
③グループ内での総得点数
④①~③の全項目において同一の場合は、抽選により決定する。
(4) 決勝ラウンド:1次ラウンド各グループ1位チーム及び各グループ2位チームの上位4チーム計16チームによるノックアウト方式にて優勝以下第3位までを決定する。(第3位決定戦は行わない)
なお、1次ラウンド同組同士はラウンド16、準々決勝では対戦しない。

詳細はコチラでご確認ください。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP