ニュース

2014年11月17日

日本代表の長谷部選手と乾選手所属する 「フランクフルト」のトーマス・シャーフ監督が来日!

11月15日(土)に、ドイツの1部リーグチーム「フランクフルト」で指揮をとる、名将トーマス・シャーフ監督とブルーノ・ヒュブナー・スポーツディレクターの来日記者会見が開催されました。フランクフルトには、長谷部誠選手と乾貴士選手が所属していることもあり、2人は前日の日本対ホンジュラス戦も観戦したそうです。シャーフ監督は「長谷部と乾は代表チームの中でいい動きをした。特に乾はフランクフルトと同じサイドのポジションで、ゴールを決めることがてきてよかった」と、2人の活躍が確認できたことに喜んでいました。

また、両選手のことを「今後はフランクフルトにとっても欠かせない存在になっていくだろう」とも。ヒュブナー氏は、日本代表のメンバーのなかに、フランクフルトに来てほしい選手がいたとも話していました。

そして、サカママのディレクターが「10代のサッカー選手に対しては、興味はあるのでしょうか」という質問を投げかけると、「アマチュア、ユース、プロを区別して考えるべきではない。日本の代表チームが高いレベルを維持していくためには、ユースやJリーグだけでなく、若いアマチュアの人たちを強化していくことが必要不可欠。そうすることでサッカー全体が強くなっていくし、若い子たちはサッカーをずっと好きでいてくれると思う」と答えていただきました。また、フランクフルトには、若いトッププレーヤー12名を育成する寮制度があり、能力と可能性があれば日本人でもスカウトする可能性はあると示唆していました。

シャーフ監督も語っていましたが、海外で寮生活をしたり、プレーするには、現地の言葉を理解することが大事。憧れの海外でプレーするためにも、サッカーだけでなく語学力も身に付けておきたいですね。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP