コラム

美容師として働くサカママの原動力はメイク&サッカーが大好きな気持ち!

岡本幹さん(東京都町田市在住)

小2の男の子と保育園年少の女の子のママ。以前は、銀座のサロンや客船「飛鳥」内のサロンで美容師として働き、その後フリーのヘアメイクアップアーティストとして独立しました。上のお子さんを出産後も仕事を続けていましたが、結婚式の仕事が多く、土日や祝日に働くことが多かったため、現在は近所の美容室で平日のみ働いています。

いずれはフリーのヘアメイクアーティストに復帰したいという夢を持って、お仕事に臨んでいる岡本さん。仕事も子育てもポジティブに捉えているところが、とっても素敵なサカママです。

子どもたちとの時間を大切にするため
近所で平日のみ働く生活スタイルに

結婚前からフリーのヘアメイクアーティストとして活躍していた岡本さんですが、結婚式での仕事が多く、通勤時間が長かったり、土日や祝日に働くことが多かったそうです。「長男を保育園に通わせてフリーの仕事をしていましたが、下の子を出産後に子どもとの時間を大切にしたいと思うようになり、土日は家族でいられるように平日中心に働こうと決めました。そのためフリーの仕事は辞めて、何かあった時でもすぐ迎えに行ける保育園近くのサロンで働くことにしました」。
現在岡本さんは自転車で15分で行けるサロンで働き、平日の15時か16時には仕事を終えて帰宅する生活スタイルに切り替えました。成人式や七五三の場合は土日に働くこともありますが、基本的に週末はお休みで、お子さんたちと一緒にいる時間がしっかりあるので、今の生活スタイルに満足しています。

現在は近所のサロンで美容師として働いている岡本さんですが、下のお子さんがもう少し大きくなったら、フリーのヘアメイクアーティストとして復帰することも考えているそうです。

自分でできることは自分でしたり
お手伝いすることで自立を促す

岡本さんが平日に家事をする時間は限られていますが、早起きして家計簿をつけたり、お子さんにお手伝いをしてもらいながら家事をこなしています。「今日やらなければいけないことは翌日に持ち越さないように気をつけています。あと、子どもたちにお手伝いする担当を決めて毎日してもらっています。上の子の担当はお風呂掃除で、サッカーがある日以外はやってもらいます。下の子もお兄ちゃんの真似をしてお手伝いしたがるので、お膳の準備や、味噌汁の豆腐を切ったり味噌をといてもらったりしています。時間がない日は、お手伝いしてもらうと逆に時間がかかるので、『早くして~』思うこともありますが(笑)」。
岡本さんは、お手伝いだけでなく、自分でできることは自分でするように子どもたちに言っているそうです。「例えば、服を自分で用意したり、サッカーウエアと普段着を分けて洗濯カゴにいれるなど、簡単なことですが、自分でやることが習慣付けば、子どもたちの自立につながると考えています」。

息子さんのお手伝いの担当はお風呂掃除。サッカーがない日はほぼ毎日、ママが夕食作りをしている間にお風呂掃除をしてくれます。

メイクが大好きだから
自分のメイク時間も楽しむ

ヘアメイクのプロとして仕事をしている岡本さんですが、自分のメイク時間も楽しんでいます。「時間がある時は、ショップにメイク用品を見に行ったり、新しい商品を試しています。毎朝、自分のメイクをする時は、眉の形やチークの入れ方をその日の服装やTPOに合わせて変えることも楽しんでいます。私はメイクが本当に大好きで、好きなことを仕事にできているので、とても幸せだと思います」。
また、サッカー観戦も楽しみのひとつ。スポーツ観戦はもともと好きでしたが、お子さんがサッカーをしていることもあり、今はサッカーを中心に観ています。「サッカーに興味があるので、国内外を問わずクラブチームのサッカーの試合を録画して、息子と一緒に観て共感しています。でも、主人と息子がサッカーについて熱く語っている時は口出しできません(笑)」

息子さんはパパが幼少期に所属していたチームでプレー。岡本さんも、スクールの送迎や週末のお弁当作りなどで息子さんをサポートしています。

ジュニアとシニアにわかれて
親子2代で同じチームに所属

現在息子さんは地元クラブのジュニアチームでサッカーをしています。実は、息子さんが所属するチームはご主人が子どもの頃に入っていたチームで、ご主人も同じクラブのシニアチームでプレーしているのだとか。「もともと主人は、自分の子どもにサッカーをさせるなら、自分が所属していたチームでプレーしてもらいたいと考えていたようで、今は同じチームでプレーできてとてもうれしいようです」。
サッカーをしているご主人とお子さんを、サカママとして岡本さんが支えています。「主人と息子がサッカーをしているので洗濯の量がとにかく多いです。365日洗濯はしていますね(笑)私がサポートできることは、洗濯や弁当作り、送迎をするぐらいですが、私もサッカーが好きで、子どもたちがサッカーしている姿も好きなので、サポートすることが全然苦になりません。それに、サッカーに関わっているパパやママたちも好きなので、たくさんのサカママやサカパパたちとコミュニケーションをとっています。仕事と子育て、サカママをうまく両立できているかわかりませんが、どれも好きという気持ちが大切だと思います」。

チームとは別に週1回スクールに通うなど、サッカーが上手になるために一生懸命頑張っている息子さん。

AM

5:30
起床、昨日の家計簿をつける、自分の支度
6:00
朝食作り、弁当作り、洗濯
6:30
息子とパパ起床、朝食
7:00
娘起床、朝食、パパを駅まで車で送る(在宅勤務の場合は無し)
7:30
息子学校へ送り出す
8:00
娘を保育園に自転車で連れて行く
8:30
自分朝食、後片付け、仕事の用意
9:00
自転車で仕事場へ出勤
9:30
仕事

PM

15:00
仕事終了、帰宅
15:30
息子の宿題チェック
16:00
サッカースクールへ送る、見学(サッカーの送迎と保育園のお迎えはパパと反対の場合もあり)
18:00
サッカースクール終了、パパ帰宅(パパが保育園のお迎え)
18:30
夕食作り
19:00
夕食
19:30
夕食の片付け、息子とパパお風呂
20:00
娘とお風呂
20:30
娘、パパの明日の用意
21:00
子どもたち寝かしつけ
22:00
就寝
0:00
パパ就寝

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP