コラム

2016年01月19日

試合で力を発揮するために覚えておこう!
感染予防のコツ

冬になると流行するインフルエンザやノロウィルスなどの感染症。
せっかく練習を積み重ねていても感染症にかかってしまったらだいなしに!
そこで冬の大会を乗り切るための感染予防のコツをレクチャーします。

取材・文/編集部
イラスト/たるぞー

家族全員で「正しい手洗い」を徹底づけること

感染予防対策でとにかく大事なのは、正しい手洗い(方法は下記参照)。外出先から戻った後や食事前、トイレの後などキッズが気をつけるのはもちろん、サカママがしっかり手を洗っていないと家族みんなに感染してしまうので、こまめに手を洗うようにしましょう。またパパの中には感染予防の意識が低い人もいるので、家族みんなで正しい手洗いを徹底づけることが重要です。

試合でお弁当を持参する際は、携帯用のアルコール消毒剤を持たせましょう。キッズには、お弁当を食べる前に手を洗い、水気を拭き取ってからアルコール消毒剤をつけるように伝えること。手が洗えない場合はアルコール消毒剤をしっかりつければOK。ちまたには様々な種類のアルコール消毒剤がでているので、アルコール濃度が70%前後のものを選ぶのも大事。濃度が低いタイプでは、せっかく消毒をしても効果がさほどない場合も。「火気厳禁」の表示が付いていれば、濃度が60%以上ある証なので選ぶときの参考に。さらに成分に「グリセリン」「アラントイン」が入っていれば、保湿効果も期待できるのでチェックしてみるといいでしょう。

①「指定医薬部外品」の石けんを選ぶ

「指定医薬部外品」の表示は殺菌剤が入っている証。固形石けんは細菌が表面についている可能性があるので、液体や泡タイプを選ぶことも大切です。

③手順通りに洗う

感染を予防するためには、上記の手順を覚えて洗うことが大切。各工程5秒くらいを目安に洗いましょう。

②洗い残しをなくす

上の図は手洗いが不十分になりがちな箇所を示したもの。とくに親指はいろいろ使うにもかかわらず、しっかり洗えていない場合があります。また利き手も不十分になりやすいので注意しましょう。

東京サラヤ株式会社 食品衛生学術室室長
村松寿代さん

PROFILE● 管理栄養士。東京サラヤ株式会社に食品衛生インストラクターとして入社。
食品スーパー・ホテル・食品工場・給食等の現場で衛生調査や洗浄・殺菌の手順・食品表示についてサポートを行い、現在は、食品事業者を中心に食品衛生・感染症予防のアドバイスを行っている。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP