コラム

2015年01月15日

指導者の言霊。「森山佳郎 現ナショナルトレセンコーチ兼U-16 日本代表コーチ」

取材/編集部

子どもたちがミスを恐れずに積極的にプレーできる環境を

僕が指導する時に注意しているのは、子どもたちがミスを恐れずプレーしたり、武器を磨くために、自分の特徴をいかした積極的なプレーを促してあげることができるか、ミスをどこまで許容することができるかという点です。指導者が選手のプレーに対してネガティブなジャッジをしたりプレーを制限してしまうと、どうしてもプレーが小さくなってしまったり、一度失敗するとやめてしまって安全なプレーに終始してしまうので、ミスしてもいいから自分がやろうとしている事をしっかり頭に入れて、チームの勝利のため、自分の成長のために前向きにトライさせることを大事にしています。ミスを指摘しないわけではないですが、ダメと言うよりも「今の状況ならこんな選択肢もあったよ」と提示してあげるんです。もちろん、ミスをして下を向いていたり、選手として取り組みの姿勢が良くない場合は厳しく指摘しますが、前向きにチャレンジしようとした事に対しては評価しています。思い切ってチャレンジして手くいかなくても、次はさらに工夫してもう1回やってみるというメッセージを伝えて、ポジティブな評価を与えるよう心がけています。

森山佳郎

PROFILE● 1967年11月9日、熊本県出身。大学卒業後はマツダSCで活躍し、1992年にサンフレッチェ広島に加入。1994年には日本代表に選出される。その後、横浜フリューゲルス、ジュビロ磐田、ベルマーレ平塚でプレーし、1999年に現役引退。翌年からサンフレッチェ広島のユースのコーチ、監督を歴任し、高円宮杯3連覇などの実績をあげる。現在はナショナルトレセンコーチ兼U-16日本代表コーチを務める。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP