コラム

2015年12月15日

第39回全日本少年サッカー大会 都道府県大会レポート「福岡県大会決勝」

最後まで諦めない西南
残り1分を返すも東福岡が勝利!-福岡県大会決勝

11月23日(祝・月)、福岡の決勝大会は、CLUB東福岡ジュニアVS西南フットボールクラブ野芥。
まずは、ほぼ6年生のみで組まれたチームの体格の良さに驚きました。

前半は東福岡がパスをうまくつなぎ、野芥がなかなかボールをキープできずに押されている印象。前半中盤に2点続けて東福岡が得点を決めて、東福岡が勢いづいているものの、野芥はそれ以上の得点を与えず後半へ。

後半に入ると、もう得点を許さないという野芥の気迫がアップ。最後まで諦めず西南野芥が残り1分で1点を返したものの試合は終了に。3ー1で東福岡の勝利となりました。

普段一年生を中心とする低学年しかみていない私にとって、キック力、パス回しやドリブルなどこんなにレベルの高いものなのかと、正直驚きました。息子も「ボールが高く遠くに飛んでいてすごかった」と刺激を受けたようです。

優勝はCLUB東福岡

第39回 全日本少年サッカー大会 福岡県大会 決勝

CLUB東福岡ジュニア

3-1

西南野芥

サカママ注目選手

藤原尚篤くん(CLUB東福岡ジュニア)

周りをよくみているようで正確なパスが回せるので注目しました。

加藤真流斗くん(西南フットボールクラブ野芥)

加藤くんは5年生から選ばれた2人の選手のうちの1人で、足が速いのが持ち味。後半残り1分でゴール前でせめぎ合う中、得点を決めました。

直撃インタビュー

藤原尚篤くん(CLUB東福岡ジュニア)

今日は得点を決められて全国へのキップを手にできました。チーム一丸となって全国大会もがんばります。

藤原明子さん(藤原尚篤くんのママ)

私も主人も練習や試合もできる限り行き、毎日続けている自主練も続けられるよう励ましの言葉をかけています。主人は息子のマッサージをするなど身体のケアもしています。

加藤真流斗くん(西南フットボールクラブ野芥)

悔しい。でも今日は決勝では力が発揮できたと思います。

サカママ's VOICE

一年生の我が家の息子はまだ試合を観たことがないため、今回が初めての試合観戦となりました。チームのメンバーや父兄の方々が横断幕を掲げて応援する姿はみているこちらも熱く込み上げてくるものがあり、サッカーで繋がる仲間、ご縁、笑顔、喜びを改めて感じることもできました
そして、この日一番嬉しかったことは、試合後に選手へのインタビューへ行くと、なんとチームの監督が息子が3歳の時に入っていたチームのコーチだったこと。
コーチも息子のことを覚えていてくださって、サッカーを続けていたことでまた再会できたことを嬉しく思いました。
初めての試合観戦、感動をありがとうございました。

この記事を書いてくれたのは

進藤日向子さん(福岡県)

サッカーの事を知らないままではせっかく息子がサッカーを始めたのにもったいない!息子と一緒に家族みんなでサッカーを楽しみたい!と思っています。
続きを見る
三浦知良選手から名付けた長男カズが3歳になりすぐサッカーを始めるがサッカーのルールも知らず、知人の紹介でサカママの存在を知る。サカママリーダーの福岡を担当。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP