コラム

2015年11月10日

公文presentsトークショー
「いつも全力で! ~夢を叶えるチカラ」

文/カワサキマサシ
写真/安田健示

第4回 サカママフェスタ in 大阪のステージではMeister Soccer School 代表の岡崎慎司選手と、フリーアナウンサーの木佐彩子さんのトークショーを開催。
さまざまな話題の中から勉強することの大切さや、KUMONをやっていて良かったことなどをピックアップ。サカママへのメッセージも必読です!

第4回 サカママフェスタ in 大阪の模様です!

岡崎慎司選手と、木佐彩子さんのトークショーにたくさんの親子が参加してくれました!

岡崎選手がサッカーをはじめたきっかけは?

兄がサッカーをやっていて、自分もやりたいと思って始めたらハマりました。小学生の頃から、サッカー漬けの毎日。引っ越してからは片道1時間ほどかけてチームの練習に行ってました。

もっと勉強しておけばよかったと思うことはありますか?

多々あります。言葉ひとつにしても、自分の気持ちをきちんと伝えるのは難しいですしね。インタビューを受けたVTR を見返すたびに、もっと上手く話さないといけないなと思います。漢字でサインを求められても字が汚いからイヤになっちゃいますし、海外で外国人に日本の歴史のことを聞かれても、僕がちゃんと知らないから伝えられないんです。だから、常々、しっかり勉強しておくことが重要だと思っています。今はJFA アカデミーのなかでもKUMON の授業があると知って、すごくいいことだと思いました。

海外で長く活躍されていますが、現地での生活は大変ですか?

大変なことはいろいろありますが、一番は言葉ですね。ドイツに4年半いますけど(今季からイギリスに移籍)、こんなに習得が遅いのかと自分でも思います。勉強するクセがなかったので、なかなかできるようにならなくて。ドイツ語で何かをしゃべっても、相手に聞き返されると話せなくなるんです。そんなときだけ、メンタルが弱い(苦笑)。

子育てをするうえで、心がけていることは?

6歳と4歳の男の子がいますが、子育ては自分なりに考えて、ぶつかって、いろいろとチャレンジしています。意識しているのは、僕が何か言ったときに子どもの反応を見ること。そして、どうしてあげるのがいいのかを考えています。ほかの子と比べたりせず、自分の子どもをしっかり見ることが大事だと思っています。

サカママへMessage

僕もそうですが、子育てをしていたらイライラすることもあるし、どうしたらいいのか悩むこともあるでしょう。でも、どんな時も暗くならずに前を向いて、親が子どもを全力で支えることが大切だと思うんです。僕も親のひとりとして、みなさんのことを応援しています。

子どもの頃の
海外生活はどうでしたか?

小学生のときに、父の仕事の都合でアメリカに行きました。日本にいるときは大人しい子だったんですけど、海外に行って図太くなりましたね。ステージに立たせていただいても、そんなに緊張しませんし(笑)。だから子どものうちは、イヤだなと思うことでもどんどん経験していくのがいいと思います。

木佐さんは、
KUMONのOGなんですよね?

中学生のときに日本に帰ってきたんですけど、アメリカではほぼ英語だったので、国語が弱かったんです。帰ってきても、教科書に書いてあることがギリギリわかるくらい。それでKUMON に通って、国語を習っていました。高校生になってからも通っていて、小さな子どもたちと一緒に勉強していましたね。

KUMONはどんなところが良かったですか?

KUMON は1 枚の問題数が少ないのがいいんです。問題数が多いと、問題を見ただけでため息がでちゃいますからね。それに、1枚解いたら次に進めるから達成感があるし、だからこそ続けられるんです。続けていくうちに、できる喜びを感じたり、自信もつくし、競争心みたいな気持ちも養われていきます。子どもの頃の勉強って、どうしても楽しくない面もありますけど、それを楽しみながらできるのも大きいですね。勉強以外の面でもKUMON の良さを実感しました。

サカママへMessage

Keep Smiling!私にも中学生になる息子がいますが、子どもを育てていると大変だったり、辛いなと感じることもありますよね。そんなときこそ、笑顔でいましょう。笑顔は連鎖して、周りを幸せにしますから。

教えて!岡崎選手

後半に行われた岡崎選手への質問タイム。その中から貴重な2 問をご紹介!

試合中に、サポーターの声援は聞こえていますか?

スタンドの距離が近い会場では、よく聞こえますよ。身体が応援を求めているときは、とくによく聞こえますね。

息子が小2です。どんな練習をすればいいですか?

まずはコーチたちの言うことを聞いて、どんな練習も一生懸命やること。それが第一歩。その先に、自分でやるべきことが見つかるはずです。

サカママ's VOICE

KUMONを選んだサカママに2つの質問!

Q1.KUMONを選んだ理由は?
Q2.KUMONに通って、お子さんがどう変化した?


東野亜紀子さん・桃佳ちゃん(小6)

A1.お兄ちゃんが習っていて勉強する習慣がついたこともあり、下の子には算数と国語を習わせました。

A2.お兄ちゃん以上に計算する力がついて、計算が早くなったと思います。

村上美那さん・紅ちゃん(小4)

A1.計算力を向上させたくて、KUMONを選びました。

A2.国語と算数を習っているのですが、苦手だった計算が早くなり、国語もさらに好きになっているようです。

栗林景子さん・羽梨ちゃん(小5)・武蹴くん(小3)

A1.先生の評判をきいて、羽梨は英語を、武蹴は算数を習っています。

A2.羽梨は英語が楽しいと言っているので、ホストファミリーをしてみたいと思っています。武蹴は計算力がついて自信になっているみたいです。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP