コラム

2015年11月05日

ストレッチの種類について

「ストレッチ」と一言で言っても、色んな種類があるってご存知でしょうか?今回は、ウォームアップに適したストレッチ、クールダウンに適したストレッチ、について詳しくお話ししていきます。

ストレッチの種類、代表的なものをいくつかご紹介します。

  • ダイナミックストレッチ
  • スタティックストレッチ
  • バリスティックストレッチ
  • PNFストレッチ
  • クライオストレッチ

・・・などです。どれか1つでも聞いたこと、あるでしょうか?

さて、それでは、何がウォームアップとクールダウンに適したストレッチでしょうか?
ウォームアップは、これから運動をするぞ!と身体に信号を送ったり、筋肉を温めたりするのが主な目的です。なので、ダイナミックストレッチ、と呼ばれるストレッチが効果的です。サッカーで有名なダイナミックストレッチ、といえば、ブラジル体操、でしょう。サッカーで良く使う筋肉を中心に動かしていきます

クールダウンは、運動によって使った身体を静め、血液を心臓に戻し、筋肉を柔らかくする、ことが主な目的です。クールダウンに適したストレッチは、スタティックストレッチです。一般的に皆さんが想像するストレッチ、はこちらでしょうか?反動はつけず、静かにゆっくりと筋肉を伸ばしていきます

ポイントは、どの筋肉を伸ばしているのか、ということを行っている本人が理解している、ということです。お尻のストレッチをしているであろうポーズは取っているけれど、とてもそれでは全くお尻の筋肉は伸びてないよな。。。という風景は良く目にします。脳と筋肉はつながっています。「今は、このお尻の筋肉を伸ばすんだぞ。」と考えたり、「気持ち良く伸びてる!」ときちんと感じると、より効果的に筋肉は伸びます。

友達とぺちゃくちゃと話しながら、ダラダラとポーズだけ取るようなストレッチをしても、効果はあまり期待できません。これから気温も下がってきますから、あまり長い間時間をかけなくてもよいので、目的をしっかり定めて効果的なストレッチができるといいですね。

スポーツペアレンツジャパン代表 村田一恵

PROFILE● アメリカノースカロライナ州の大学にて、スポーツ医学を学び、アスレティックトレーナーの経験を積む。 卒業、帰国後、トレーナーとして働き、結婚、出産を機に現場から離れる。

自身の子どもの少年団サッカークラブ入団を機に、子どもたちの安全なスポーツ環境構築についての情報や、スポーツをする子どもとの関わり方、コーチとの関係づくりなどの情報を提供すべく、スポーツを行う子供をもつ親=スポーツペアレンツ)向けの情報提供団体として、スポーツペアレンツジャパンを設立。3男児、サッカーボーイズの母。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP