コラム

協力しあえる働くママ友が最強のサカママパートナー

協力しあえる働くママ友が最強のサカママパートナー
協力しあえる働くママ友が最強のサカママパートナー

高木美貴さん(埼玉県和光市在住)

部署内での産休・育休取得者第一号の働くママです

誰もが気軽に手に取って、その人が頑張るためのツールになるようなお菓子をつくりたくて、新卒で第一希望だった会社に入社。しかも第一希望の部署に配属になったという高木さん。仕事はとてもハードだったそうですが妊娠・出産を経ても退職するという選択肢はなかったそう。「仕事が大好きなので!」と胸を張って答えてくれました。じつは、部署内で産休・育休を取得したのは高木さんが第1号。まわりは終電まで働いてあたりまえという環境の中、働くママのパイオニアとして「ママになっても働きやすい環境」の道しるべをつくったという自負があるそうです。昨年管理職試験に合格。今後は働くママを支える先輩として、これからママになる部下を守ってあげたいと話してくれました。

サカママとの両立の秘訣は、パパと働くママ友仲間!

高木さんが勤務する会社の制度では、時短勤務できるのは下の子が小学生になるまで。昨年から完全にフルタイムで働くようになったそうです。平日のサッカー練習には送り迎えが間にいませんが、都合がついた場合はパパが、会社を早退できれば高木さんが、そしてそれ以外の日は保育園が一緒だったママ友2人と協力しあって、サッカーのサポートもこなしているそうです。練習中の写真を送りあったりしながら「できる日にできる人が」という体制で。まわりとの協力体制が整っているから、無理なく楽しくサカママライフを送れています。

家事も趣味も「自分のため」をモットーに

自称「掃除魔」という高木さん。毎晩、家の中を完全にきれいリセットしてから眠りにつくそう!!家の中では常にモップを手にしながら移動し、「学校で掃除の時間があるのだから、家でもそうであるべき」と、子どもたちには寝る前の雑巾がけタイムを設けるなど、掃除はかなり徹底的にする性分なんだそうです。というのも、家がきれいじゃないと自分が落ち着かないとのとで、家族のためというより自分のため。そして「料理は趣味」と言えるほど好きだそう。そんなスタンスだから、家事が負担に感じることはあまりないようです。

そんな高木さんが仕事や家事のことを忘れて「じぶん時間」に没頭できるのは、週末に必ず行っているというお茶の時間。また、家族でのお出かけ(Jリーグなどのサッカー観戦が多いそう)も高木さんにとってかけがえのない「お楽しみ時間」とのことです。

高木さんに「フルタイムで働く生活と家事や育児の両立」についてしつもん!

帰宅後なるべく早く夕食をつくるコツは?

「平日5日分の献立を決めて、食材をまとめてネットスーパーで注文しています。献立は常にポケットに。朝のうちに下ごしらえをして、お米はタイマーで子どもの帰宅時間に炊けるようにしておいて…と、帰宅してから最短で食事を始められる仕組みを徹底して作っています」

家事で「これは諦めている」ということはありますか?

「洗濯物を干すこと。本当は日光にしっかり当ててパリパリになるくらい乾いたタオルが大好きなのですが(笑)、今は乾燥機任せにしています。洗濯物を干すことは私にとって時間があるときのたまの贅沢になっています」


高木さんの時間割

AM

6:20
起床。白湯を冷ましながら即クイックルワイパーで床掃除
6:30
白湯を飲みながら朝食準備をして、子どもたちを起こす
7:00
身支度タイム
サッカースクールの道具の準備もしておく
7:10
朝食(後片付けはパパが担当)
7:50
子どもたちの登校と一緒に出勤
8:50
始業

PM

17:25
退勤
18:20
帰宅(日によっては途中スーパーに寄って食材購入)
近所のママ友が息子をサッカースクールから連れて帰ってきてくれます
19:30
夕食 食べ終わったらこどもたちとの時間(宿題チェック、連絡帳点検、UNO、人生ゲームなど。笑)
21:00
子どもたちお風呂→就寝
その間に翌日の夕食の下ごしらえや床拭きなどの家事を行う
※疲れているときはこどもたちと一緒に入って一緒に寝てしまう日も
21:30
毎日の半身浴+読書
サッカーで汚れたソックスをウタマロで手洗いするのもこの時に
22:30
以降眠くなった時間に就寝

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP