コラム

2015年02月25日

指導者の言霊。「仲村浩二 尚志高等学校サッカー部監督」

取材/編集部

サッカーがずっと大好きで楽しみながらプレーしてほしい

僕が子どもたちに指導するときに一番大切にしているのは、サッカーを嫌いにさせないことです。楽しいからサッカーをしていて、とにかくサッカーが大好きでプレーしてほしいと思っています。今は高校生を指導していますが、高校生になると勝ち負けという勝負の世界も出てきて、試合で勝つために練習で辛いこともでてきます。それでも生涯のスポーツになるぐらい、子どもたちがずっとサッカーを好きでいるために、常に楽しんでプレーさせることが僕のテーマです。

仲村浩二

PROFILE● ●1972年6月30日、千葉県出身。習志野高校では当時の本田裕一郎監督(現流通経済大柏監督)の元でサッカーに励み、日本高校選抜にも選ばれる。卒業後は順天堂大学に進学。大学時代にはバルセロナ五輪予選の日本代表メンバーに選ばれ、五輪予選での日本人最年少ゴール記録保持者。福島FCではMFとして活躍した。福島県尚志高校では97年の創部から指揮を執っている。尚志高校サッカー部は、創部9年目の2006年に全国高校サッカー選手権に初出場し、2012年の出場時には福島県勢として初のベスト4進出を果たした。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

    「姿勢」と「走り方」を学んで上達する
    サッカージュニア向け体幹トレーニング

    岡崎慎司選手を育てたパーソナルトレーナー 杉本龍勇氏がサッカージュニアのためにまとめた一冊

    ジュニア向け体幹書籍
  • サカママワーキングスタイル

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.23 2017 AUTUMN ISSUE (2017年10月発行)

パフォーマンスUPに欠かせない! ケガをしない体をつくる。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
TOP