コラム

2015年09月28日

Jリーガーたちの原点 番外編「岡崎 慎司(Meister Soccer School 代表)」

取材・文/編集部
写真/ 安田健示

ボールを蹴る楽しさに目覚め
恩師に出会ったジュニア時代

岡崎慎司選手がサッカーを始めたのは、小学2年生の頃。「もともと兄がサッカーをやっていて、兵庫県の尼崎から宝塚へ引っ越しをした時に一度やめてしまったんです。でも、兄がもう一度サッカーをやりたいと言ったので、父が新しいチームを探してくれて。その時に父が、“一緒にいくか”と僕にも声をかけてくれたのがきっかけです。後で父から聞いたのですが、僕がゲームばっかりしていたので、慎司にも何かやらせなくてはと思って声をかけたみたいです(笑)」

兄と宝塚ジュニアFC に入ると、岡崎はどんどんサッカーへのめりこんでいった。「ボールを蹴るのがとにかく楽しくて、その気持ちは今でも変わりません。こんなに好きなことを見つけることができたのは父のおかげ。感謝しています」

そして、ここで後の岡崎に多大なる影響をもたらすことになる恩師・山村コーチに出会う。「山村さんがチームのコーチを始めた当時は大学生だったと思います。サッカーには厳しくも、その厳しさにはブレがありませんでした。すべては、全力でやっているかどうか。たとえ、かなりの点差で試合に勝ったとしても、少しでも気を抜いていたら走らされたり、怒られたり。シュート練習の時でさえ、迷ったり集中してないと怒られたのを今でも覚えています。厳しい反面プライベートでも面倒をみてくれて、山村さんの家に泊まりに行ったこともありました。コーチが僕らに尽くしてくれているのを子どもながらに感じていたので、山村さんのもとでサッカーをすることが本当に楽しかったですね」。時には厳しく、時には面倒見のいいお兄さんのように接してくれる山村コーチへの信頼感は絶大で、泥臭く全力でサッカーに取り組む姿勢が自然と培われていった。

サッカーへのひたむきな思いが
信頼できる人との出会いを生む

小学5年生の頃、家族で再び引っ越しをすることになり、自宅から宝塚ジュニアFCまで通うには距離があった。しかし、岡崎は片道1時間ほどの距離を中学3年生まで毎日通い続けたという。「中学になった時に、部活だけに絞ってもよかったのですが、宝塚ジュニアFCはやめませんでした。このチームでプレーすることが好きだったし、何よりも山村コーチの存在が大きかったですね。僕は、すごく大事なジュニア時代に、芯のあるコーチに巡り会えたことから始まって、常に人との出会いに恵まれているんです」。岡崎は「僕はいつも運がいいだけです」というが、それだけではない。岡崎が絶えず、全力でサッカーに取り組み、ひたむきに行動しているからこそ、信頼できる人達が岡崎のもとへ引き寄せられるのだろう。それは一緒にプレーする仲間も同じ。「サッカーをやっていたおかげで、友達がたくさんできましたし、サッカーをきっかけに出会った友達に、悪い奴はいないんです(笑)。サッカーは友達とのつながりも強くしてくれる。だからサッカーに出会えて本当に良かったと思います」。サッカーを通した人との出会いが、岡崎のストーリーを積み上げていく。

上を目指す環境に常にいたことで
ストライカーとしての才能を開花させる

兵庫県は少年サッカーが盛んがゆえ、レベルの高い選手やチームも多い。そして、チームの中に、いつも岡崎の闘争心に火をつけるライバルがいた。「僕より先に兵庫県のトレセンに入っているチームメイトがいて、彼は技術もあったけど、サッカーのことをとにかく知っていましたね。当時、ダイアゴナル・ラン(斜めに走ること)しなよと言われても、僕にはなんのことだかわからなかったですから(笑)」。ライバルといえど、仲は一番よく、彼の存在があったからこそ、向上心を持つことができたという。また、岡崎が宝塚ジュニアに在籍していた当時は、チームが兵庫県の上位にいくことはなかったが、それもプラスになったと語る。「幼い頃は試合の結果に一喜一憂していましたが、学年が上がるにつれて、試合に勝って嬉しいと思う反面、それほど喜んでいない自分もいたんです。それは、常に上のチームや選手がいたから。そんな環境だったからこそ、満足しない、次に向かえるモチベーションを保つことができたんだと思います」 

岡崎慎司
岡崎慎司

現役のサッカー選手ならではの思いを
子どもたちに伝えて未来へつなぐ

そして、中学2年生の時に、たまたま試合を視察に訪れた兵庫県トレセンの指導スタッフの目にとまり、3年生で県選抜に抜擢される。その後の活躍はめざましく、高校は兵庫県のサッカー強豪校として知られる滝川第二高校へ進学し、高校卒業後は清水エスパルスに入団、そして日本代表にも選出される。岡崎は常に兄が道を切り開いてくれたと振り返る。「サッカーを始めたころから、ずっと兄に憧れていました。滝二に入ったのも兄の影響ですから」。また、岡崎がここまでのストライカーとして成長できたのは、負けず嫌いの一面も影響しているのだろう。「僕はこのままだと試合に負けるかもしれないという状況でも、絶対にあきらめないで食いついていきます。どんなときだって、負けたくないから。でも、僕だけでなく、代表メンバーは、みんな負けず嫌いの気持ちが強い人間だと思います」

活躍の場を海外へと広げる中で、昨年立ち上げたのが子どもたちのためのサッカースクールだ。「日本代表に選ばれたり、海外でプレーするようになったことで、考えるようになりました。サッカー選手であるうちに伝えられること、選手として頑張っている時だからこそ伝えられることが、実は多いんじゃないかと。だから、僕自身 が海外で学んだことや感じたことを今から伝えることで、子どもたちの未来につなげいていきたいと思っています」。そんな想いから立ち上げたスクールは、子どもたちの上手い下手は関係なく、「サッカーをやりたい」「サッカーが好き」という純粋な気持ちを大切にしている。このスクールには岡崎がジュニア時代から学び感じてきた、サッカーに対する思いも礎となっているのだ。

最後に、岡崎がサカママへメッセージを残してくれた。「スクールを立ち上げたことで、親御さんの重要性をより実感しています。子どもの頃はやりたいことがわからなかったり、決められない面もあるので、親御さんが道を切り開いたり、やりたいことをみつける手助けをしてほしいと思うんです。僕自身、父のおかげで、こんなに大好きなサッカーに出会えましたから。

サッカーは、やれば魅力があるということを、自信をもって言える。だから、お子さんがサッカーが好きなら、ベストな選択をするために、親御さんもいろいろな知識を持ってほしいと思います。サカママを読んで、保護者の重要性をより意識したり、それを広めてもらえるとうれしいですね」

岡崎慎司

PROFILE● 1986年4月16日、兵庫県出身。
Meister Soccer School代表、レスター・シティ所属。
宝塚ジュニアFC、滝川第二高校を経て05 年に清水エスパルスに入団。
11年にはシュトゥットガルトに移籍し、13年からはマインツに所属。
15年6月、プレミアリーグのレスター・シティと4 年契約を締結。
日本代表では10 年南アフリカ、14年ブラジルの2 度のW 杯に出場。FWとしてAマッチ最多出場を誇る。

イベント・スクールイベント・スクールをもっと見る

コンテンツコンテンツをもっと見る

ニュースニュースをもっと見る

チーム情報チーム情報をもっと見る

  • <li><a href=
  • ベネッセサッカーノート
  • サカママモデル HAPPY LIFE
  • ポカリスエットパートナー
  • WEBプレゼント
  • 誌面プレゼント
  • くもんの先生 説明会はこちら
  • サカママワーキングスタイル
  • DaiwaHOUSE×サカママ
  • 岡崎慎司体幹トレーニング

new

サカママ|サッカージュニアを支えるママのための情報サイト ~ママと子どもが共に成長できるために~ サカママ Vol.19 2016 AUTUMN ISSUE (2016年10月発行)

プロの試合を観ることも大切!スタジアム観戦でサッカー力をつける。

サカママ最新号送付
サカママ公式Instagram サカママ公式Facebook サカママ公式Twitter
  • サカママメディア掲載情報
  • 本誌出演希望の方はコチラ
  • サカママリーダー募集
  • マイスターグループ
  • footies
TOP